テーマ:祭り

2015年「 かっぱ橋道具まつり」に新潮流・・2015年10月6日

初秋恒例の第32回 かっぱ橋道具まつりが始まりました。”道具祭り”イコール掘出し物市・・・と云う印象があるんですけど、近年の例を見ていると「そうでもない」って感じがしてました。それが何か判らなかったので、今年は原因を追究するつもりで出かけました。                 価格訴求タイプ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

観光ズレしていない祭り「浅草観音うら おいらん道中」・・・2015年4月13日

どうです?この髷飾りの懲り具合・・・!往時を検証した上での復元具合が何とも見事です、華やかで事細かな簪(かんざし)がこの細かさで今の時代に復元させたのですから・・・驚きです!!歌舞伎で活躍中の床山さんや衣装部さんが支援しているからこそのこの流麗さなのだと云う事が実感できます。 ここ観音裏は、雷門周辺とは違って一元さんがドドッと来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷽替え神事に遅刻”今年も厄払い叶わず”・・2015年1月25日

亀戸天神で行われた『鷽(うそ)替え神事』のお守りです。このお守りは神主さんの手作りということと、なかなかキュートだということで人気のあるお守りなのだそうです。そんな具合で人気が高いのでしょう、2日目の午後に行ってみましたけど・・・鳥居をくぐると即この看板です。よくよく見ると『売切れ』が目前・・・ですって!無いとなると「欲しい~ッ!」と思…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2014年「かっぱ橋・道具まつり」を考える

7日から始まった浅草は「かっぱ橋・どうぐ祭」に久し振りで出かけて来ました。上の写真は”白い器を中心としたテーブルウェアーの専門店”「キャニオン」さんです。価格訴求タイプの王道を行くディスプレイで多くのお客でごった返していました。 一方、集客では更に上を行くお店もあります。「飯田」さん。幟、ビラ、マナ板、メニュー帳から調理器具一式ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「神輿(みこし)に胸キュン!」・・・を考える

『心がときめく!』と云う感覚がなくなってから久しいのですが、たまたま参加したお祭りでハート♡が「ジーンと震えて、しびれる」ような感覚に出会うことが出来ました。 予兆が全然なかった訳ではなくて、祇園祭には3度も行きましたし宵宮から町々の雰囲気を追ってみたりと、心ときめく瞬間はあるにはあったんです。でも、それは旅情がそうさせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港に「日本橋出現」・・・2014年8月29日

羽田に「花魁(おいらん)ってなぜ?」・・・って思いますよねェ、これって31日まで行われる国際線拡張記念のイベントの一つなんです。 中核的施設は『日本橋』を5Fに再現したことでしょう。かって江戸時代には旅の起点は『日本橋』でしたから、国際線ターミナルを今の時代の出発の起点になぞらえての事のようです。 京浜急行かモノレールを出て国際線の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都市対抗野球”応援合戦が面白い!・・・2014年7月21日

都市対抗野球が始まりました。私も始めて行ってみたのですが、これが結構面白いんですヨ!(と云ったら関係者の方に失礼なんでしょうけど) こちらは京都市代表の日本新薬のチアガールの応援風景・・・男性のリーダーもいるんですけど、やっぱ華ですなァ~チアリーディングの方が勝ってました。 こちらは対戦相手、東海市の新日鉄住金の民族芸能での応援…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下町・夏の風物詩「下谷朝顔まつり」/2014年7月6日

『朝顔まつり』の声を聴くと「東京もに夏が来たか!」と云う気持ちになります。3年ぶりですかね、朝顔市に行ったのは。昔、昔は一色の物が多かったのですが最近はカラフルな花が溢れていました。例えばこの鮮やかな彩りの朝顔は”矢車咲”と云う品種です。鮮やかでしょう!! 花✿も進化しましたが、ディスプレイの方もカラフルに進化した屋台が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東京マラソン」は仮想大賞より面白い?!/2月24日/2013年

この風景が「東京マラソン」で初のコラボショットです。来年からはおなじみの風景になるのでしょう。今の時点ではまだまだフレッシュさが一杯・・・でしょッ! (TOPの写真はクリックすると画像が拡大します。↑↑↑) コースも、いつか「スカイツリー」→「江戸東京博物館」→「東京国技館」・・・みたいにルート変更出来ればTOK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草「ほうずき市」夜店の風景/7月10日/2012年

下町に夏到来を告げる「ほうずき市」が今年も9日~10日に開催されました。今年は夜店の風景が見たくて夕日が傾いてから出かけてみました。          (写真は2枚ともクリックすると拡大します。↑↑↑)           (写真は2枚ともクリックすると拡大します。↑↑↑) 浅草と云えば、この山門と五重塔を入れた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

規模縮小が惜しまれる「浅草・羽子板市前日状況」/12月16日/2011年

雷門から覗く仲見世の飾りも正月の装いに衣替えしています。いよいよ年の瀬も近いことを感じさせる時候になりました。 年の瀬の行事と云えば「羽子板祭」・・・なのですが、この数年で出店す店舗数がるどんどん縮小しています。今年も羽子板の屋台は上の山門から左折して、五重塔前を本堂に向かって右折するL字型の小さな一角だけで、さみしい限りです。 か…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「浅草・鷲神社」酉の市★見聞録/11月14日/2011年

酉の市の熊手にはその年の世相が反映されます。今年のデザインの傾向は『癒し系』のようです。3月に東北大震災がありましたし誰の心にも少なからず痛みがありますから・・・安らいだ気持ちにしようと云う配慮だと思います。もう一つは来年の干支になる『辰』です。辰と云えば例年なら「荒々しい「」猛々しい」と云ったイメージのデザインなのですが、こちらも大震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平成中村座」を支える力/11月9日/2011年

前回「平成歌舞伎」を見に行ったとき感じたのはディズニーランドの興奮に似ているという事でした。脳の中にアドレナリンが一杯出てきて『非日常の世界』に自分自身を投影する・・・と云う感覚、これが後を引くんです。「平成中村座」の周りの桜も葉を紅に染めようと云う時間が経過したのですが、脳内アドレナリンの蛇口は開きっぱなし!! 「業平橋駅で11日に…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「平成中村座・観劇」見聞録/2011年11月2日

「平成中村座」・・・行ってきました。元々は相方が行きたがっていたので結婚祝いにと・・・いう事で、おまけで付いて行ったような私だったのですが・・・これが中々面白くって、4時間弱の公演にはまってしまいました。 例えて言えば、ディズニーランドの「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」を見るのに近いかもしれません。光の中に彩が溢れて、きらめ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

開幕前日の「平成中村座」見聞録/2011年10月31日

「平成中村座・浅草公演」が明日、11月1日から幕を開けます。私は歌舞伎のことは皆目わからないのですが、相方が好きなので結婚記念日のお祝いにと11月2日のチケットをゲットしました。・・・なので、気になってアクセスルートも含めて”現調”をしてきました。 【ルートNo1/都バス】乗車⇒「東武浅草駅前」 {%足doc…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

都電荒川線「花電車」見聞録/2011年10月30日

都電荒川線が創業100周年を迎えたのを記念して33年ぶりの花電車を走らせていますが、今日がその最終日・・・と云うことですっ飛んで行ってきました。            (クリックすると画像が拡大します。↑↑↑) 最初に行った「荒川車庫前」は早稲田方面に4便、三ノ輪橋方面に2便を発車せせるポイントなので、ギャラリーであふれかえっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「浅草駅開業80周年記念グッズ」&「平成中村座」/2011年10月20日

「金龍の舞」を見に行ったときに浅草駅開業の記念グッズが20日に発売される・・・と云う情報を見つけました。・・・で、Getしたのが「記念ストラップ(シール付きポストカードがセット)」と「記念乗車券」のこの2点。それぞれ3000セットの限定販売になっていました。 「記念乗車券セット」(¥300)です。浅草駅からの160円区間と業平橋か…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『浅草寺・金龍の舞』見聞録/2011年10月18日

今年最後の金龍の舞(きんりゅうのまい)を見てきました。金龍の舞は3月18日と10月18日の2回だけ奉演されますので18日が今年の見納めという事になります。 スタート地点は伝法院、ここからスタートして仲見世を練って浅草寺へと向かう、という以外に短いなア・・・?と思えますが、全長約18メートル、重さ約88キロの龍を8人で操るわけですから妥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お神輿とスカイツリー/「牛島神社例祭」復興の願いを込めて/2011年9月18日

18日(日)に行われた牛島神社秋の例祭での風景です。スカイツリーとお神輿のコラボってお初ですから・・興味津々、見てきました。 でも、まァこうした物見遊山的好奇心は何てちっちゃな心だったのだろう・・・もっともっと大きなおおらかな心で祭りに参加しなくっちゃ駄目なんだなァって思いましたし、日本の祭礼の原点っておおらかな優しさあふれるものなん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「向島百花園」”月見の会”見聞録/2011年/9月11日

向島百花園の「月見の会」が昨日11日から始まりました。江戸時代の百花園でも行われていたと言う、秋を迎える季節の行事です。季節の行事とは言え、「夕方なので空いているだろう」と思って園内に入ると結構な数の来園者にまずビックリ!          いつも静かな萩のトンネル前には時ならぬ人混み! ・・・で、その横の藤棚の下には「お供え」が無造作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「隅田川花火大会」花火と屋形船の風物詩/2011年/8月27日

隅田川花火大会は、もともと江戸時代の飢饉(享保の大飢饉=1732年)の犠牲者慰霊のために始まったと言われているそうです。例年は「人ごみは嫌だから」と煎餅をかじりつつTVで見ていたのですが、今年は東北の大震災もあって花火大会の原点に触れてみようと思い立って出かけてきました。 慰霊と言えば、お盆の時期に家々にお迎えしたご先祖様を再び送り帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ見頃です「湯島天神・梅まつり」/3月2日/2011年

東京で絵馬と梅と云えば・・・お分かりですよネ、湯島天神の梅がそろそろ見頃になって来ました。         (クリックすると画像が拡大します。↑↑↑)        この写真は社務所・参集殿への渡り廊下から本殿を眺めた風景です。「梅まつり」は2月8日から始まっていましたけど、当初は早咲きの梅が点々と咲いている状態だったんですが、3月2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小粋でいなせな白梅太鼓と「湯島天神・梅まつり」/2月10日/2011年

8日に始まったばかりの湯島天神「梅まつり・奉納演芸」湯島天神太鼓保存会のみなさんの『湯島天神白梅太鼓』”決め!”のポーズです。               (クリックすると画像が拡大します。) 奉納演奏前の緊張感一杯の表情、きりっとした口元と「やらねば!」と云う強い意志を秘めた瞳・・・輝いてま…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

浅草寺・羽子板市「高砂・音羽屋・多宝屋本店」/12月17日/2010年

浅草寺と云うロケーションはなぜ人を呼ぶのだろう・・と考えることありませんか?一つの答えがこんな具合の視覚的効果があると思うんです。江戸っぽいと云うか、東京の名所らしい絵です。そんな中で開催中の「羽子板市」のレポート、最終ページです。  『浅草寺・羽子板市「江戸勝」』のページにも是非お立ち寄りください。 {%…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

浅草寺・羽子板市「秀徳・一龍・宝屋」/12月17日/2010年

この写真って?・・・そう、市川海老蔵の「助六」です。せそうを反映したものでもないオーソドックスな役者絵のジャンルなのですが・・・今年の羽子板市で一番の人気を集めていたのは皮肉な現象でした。オバチャマ達からは「今年の海老蔵なら左目を赤くしなくっちゃダメよ!」「顔だけキレイでも心もキレイにしなくっちゃネ!」みたいな会話が飛び交ってましたヨ(…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

神宮外苑「いちょう並木&いちょう祭り」/11月23日/2010年

一口で「銀杏並木」と言ってもピンからキリまであります。神宮外苑の一方並木は元祖だけあってその美しさには色々な工夫が凝らされてることが判りました。        ◆『神宮御苑』HPの記事から抜粋    ①絵画館を眺る遠近法(絵画の手法)の活用 樹高順に青山口より下り勾配にしたがって植えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鷲神社酉の市「熊手デザイン/吉田屋・福田屋・八百代」/11月19日/2010年

二の酉の日、鷲神社参道沿い「吉田屋」さんの屋台風景です。手締めも勢いだけでなくって江戸風情を感じさせてくれるように粋な所作を披露していました。「吉田屋」さんの屋台は境内に3ヶ所ありますけど、どの屋台も小粋な対応で統一されています。             (クリックすると画像が拡大します。) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

酉の市風景「新宿・花園神社」

酉の市で熊手の購入が決まると、商いの成立を意味する手締め(手終い)を行います。これは購入した人(or店)の弥栄(いやさか)えをお祈りする粋な決まり事になっています。この”手締め”は開催される酉の市毎に特徴があって「花園神社」の”手締め”の特徴は『拍子木』が使われることです。熊手屋台のあちこちから「チョチョチョン!チョチョチョン!チョ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京に秋本番を告げる”酉の市”「一の酉/鷲神社と長國寺」/11月7日/2010年

今年の酉の市は今日7日と19日の2回です。宵祭りは前日の深夜11:30に始まり丸々24時間にも及ぶものです。私は肩身が狭い思いはありつつ、ノコノコと午後に出かけて行ったので・・・ご利益はどうなんでしょうか?(不安)                             【参列者の長ァ~い行列】   …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

長蛇の列は約1km『目黒のさんま祭』/9月5日/2010年

今年は庶民の秋の味覚”さんま”が高止まり・・・で、目黒の「さんま祭り」はどうなる事やらと心配したが例年通り開催されました。             【煙モクモク!景気良く・・・】        目黒駅を降りると、白銀に向かう目黒通りから「えッ火事?」        と思うほどの煙がもくもくとビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more