テーマ:祭り

四万六千日・浅草寺「ほうずき市」風景/7月10日/2010年

9日~10日の2日間浅草は浅草寺で「ほおずき市」が開催されました。この祭りは浅草寺観音さまの月に一度設けられた功徳日(くどくび)の中でも「四万六千日」(約126年分)のご利益が得られると言われる7月10日の祭事が主になります。「ほうずき市」そのものは芝の愛宕(あたご)神社が発祥で「ほうずき水を鵜呑(うの)みにすると、大人は癪(しゃく)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐れ入谷の「朝顔まつり」/7月6日/2010年

夏の風物詩とも云える「入谷の朝顔まつり」が今日から始まりました。あって当たり前なお祭り・・・と思っていたのですが、いろいろ調べてみるとこんなことが判りました。 【何故平日に開催するのか】・・・「朝顔は中国名を牽牛花(けんぎゅうか)と言われています。七夕の牽牛・淑女の、牽牛の花と書くので、朝顔市は七夕の前後の三日間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「向島~墨田公園界隈のお花見とスカイツリー」見聞録

桜が開くとなぜ人は浮き立つのでしょうか? ・・・と言いつつ私も大嫌いな人ごみの中に花見に足が向いてしまいました。例年は酒宴たけなわな台東区側の墨田公園を歩くのですが、今年は桜とスカイツリーのツーショット撮影ポイントを探して対岸の向島からの花見風景をウォッチしました。           向島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通りすがりの「節分・2つの鬼退治」見聞録

       2月3日節分の日に2つの『鬼退治』を目にしました。                富岡八幡の鬼退治        【節分・豆まき】         この日は2駅隣の東陽町に用事があったのでこの辺り …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

色とりどり「七福神・絵馬」・・下谷→浅草名所→南千住

元旦から七福神巡りを3ヶ所廻りました。絵馬が個性的なところ・・・没個性的なところ・・・絵馬の無いところ・・・絵馬は自宅に掲げるところ・・・と色々あることに気がつきました。七福神巡りは全て廻ったわけでもないのですがカメラに収めた分だけを掲載しました。                 下谷七福神 {%鏡餅hdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草寺初詣風景・2010年

東浅草の吉野屋そば店と言う未知との遭遇で下町の良さを実感して以来、浅草~入谷界隈探索がマイブームになっています。今日も地元の人が行くと言う釜飯屋が新年の店開きをしたと聞いて堪能して来ました・・で、その帰り道浅草寺に寄って初詣にも行ったんですが大変な雑踏の中にも浅草らしい面白さもあったのでレポートします。              {…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草寺「羽子板市」下町の優しさが作る華麗&多彩なデザイン

浅草寺の「羽子板市」に出掛けたのは単身赴任の数年前のことなので、多分15年ぶりくらいになります。以前は境内一杯に羽子板のテントが並んでいた記憶があったのですが・・・前に行った時と比べて店舗数が減ったみたいで、少~し寂しい感じがしました。何故なんでしょうネ???                    風情の変化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目黒「大鳥神社」酉の市・心地よい日本の祭り風景

目黒の大鳥神社の酉の市は規模は小さいですが、地元の人が昔からの信仰心を守っている観光地化されていない純粋な祭りです。24日には格闘家の魔裟斗さんも奥さんの矢沢心さんとごく普通にお参りに来ていましたし・・そういう打ち解けた雰囲気をふんだんに持つ酉の市でした。             粋な木…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

浅草「酉の市」粋な風景

「酉の市」を盛り上げるものに売約済みの札と手締めがあります。どちらも江戸っ子の心意気「粋」に通じるものだ と思います。何点か掲載しましたので雰囲気を味わってみ てください。                      売約済み札  {%魔法のランプwebr…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

浅草「酉の市」熊手・多彩なデザイン

酉の市は後になるほど人出が増して行きます。写真を撮るなら「一の酉」が向いています。店の人達も昨日は準備で忙しくて数時間しか寝てないでしょうし、確かに活気には欠けますが特徴のある「熊手」を見るなら「一の酉」です。今日は写真全部をフルサイズで掲載してあります、拡大して彩の豊かさをご覧になって下さい。・・とは言っても店数で150店ですかそれだ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

浅草・大鷲神社「酉の市」準備風景

向島百花園に立ち寄った折に「そうい言えば14日は”一の酉”だ」という事に気が付いて大鷲神社を覗いて見ることにしました。                 鳥居周囲の準備 幼い頃の田舎の祭りと言えば縁日の準備は 前日から・・と言うのが相場でしたが、ここでは既に準備が着々と始ま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

浅草・優雅な「白鷺の舞」奉演

「白鷺の舞」は浅草寺で毎年11月3日に奏演される神事です。この日は「東京時代祭」と先月から開催中の「菊花展」も見れる機会でもあり、一挙両得という事で出かけて来ました。       先ず浅草寺境内の五重塔の前で奉演されます。奉演時間はおよそ7~8分とあっさりしています。(・・理由があります)     …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草サンバカーニバル見て歩る記(2)

この写真はダンスチームのリーダーが出番前に指導をして確認しているところです。 楽屋出から待機の経過を追っていて気が付いた事があります。各作業チーム毎にメインとサブのリーダーがいてチームをまとめているんです。ダンスチーム、楽団、ボーカル、山車、音響、配置を指示し誘導する人、チームの移動した後のゴミを拾ってゆく人、GOAL後にミネラルウオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草サンバカーニバル見て歩る記(1)

15年振りに浅草のサンバカーニバルを見に行って来ました。前回言は早々出かけてロケーション確保して臨んだのですが企業チームが多くて、音楽はサンバなのに踊りは盆踊り・・・見栄えがしたのはブラジル人だけのチームと仲見世バルバロスくらいでがっかりしたものです。・・・その分すいてはいましたがネ! 今回は・・・各チームとも踊りも、サンバ演奏能力も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都『祇園祭』の楽しみ方

今週末が京都の夏を飾る『祇園祭・山鉾巡航』になります、余りにも有名な祭りなので成り立ちとか由来は省いて、つり小屋おやじ的主観で祇園祭の楽しみ方をまとめてみました。                『”動く”美術館』を楽しむ  ●函谷鉾(かんこほこ) 前懸(進行前面のタペストリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山車(ダシ)祭り-名古屋の祭り文化-

 名古屋に住んで  驚いたのは祭り  が庶民の文化と  して絶えることな  くと継承されて  いることでした。  関東では祭りと  言えば”神輿”で  すが名古屋では  京都の祇園祭に  起源を持つ山車  です。    豪華な彫り物を施した3層仕立ての山車にはこの地域  特有のからくり人形が組み込まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more