テーマ:小石川植物園

「小石川植物園」の早春花アルバム/2月20日/2011年

小石川植物園・標本園に隣接して咲く「カンザクラ」です。この時期の「早春花」と云えば、群生して咲く『梅』が代表的存在ですが・・・この時期には貴重なピンク色ですし、高さのある木でもあり園内でもひときわ注目を集めていました。    花の情報は次のように掲載してあります。            {%注意…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

紅梅が見頃「小石川植物園」/2月20日/2011年

小石川植物園「梅園」の開花風景です。今日20日時点では紅梅がほぼ見頃を迎えていました。早咲き種は紅梅が主力なのかもしれません。花が少ないこの時期、見ている人が一様に”笑顔を浮かべること”・・・”「きれいねェ~」と誰もが声にすること”等々、紅色は見る側に特別な感情を与えるみたいです。今日は小石川植物園で目にした紅梅をラインナップしてのレポ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

11月の「小石川植物園」高さ5mの巨大ダリア/11月12日/2010年

高さ5mでもれっきとした”草”の『コダチダリア』(木立ダリア)です。この花を始めこの時期の小石川植物園には「キク科」植物が多く開花しています。今日は13種類の菊の花を中心にレポートします。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。            上段 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”白花曼珠沙華”を見に・・「彼岸花・小石川植物園」/10月1日/2010年

日高の巾着田にいた時に白の彼岸花の形が違う様な気がして気がかりなままになっていました。こう云う時って小骨が残ったようでスッキリしません・・・で、帰ってから「季節の花300」さんのHPの画像で照らし合わせた所”開花始めはラッパズイセンのような花形になることがわかり胸のつかえは取れました。ならば満開ならどんなだろう・・と言うことで小石川植物…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

9月の「小石川植物園」【3】実/9月11日/2010年

敬愛する「四季の山野草」さんのHPによれば「緑~白~紫へ変化していく様子が見られるのは、ほんのわずか」・・・と云う事で、貴重なタイミングに遭遇出来ラッキーでした。コムラサキの実は美しく艶やかですが、大概の実は地味で見栄えのするものは多くありません・・・が、植物はこの「実」を残すために花々を懸命に咲かせている訳ですから花を楽しませてもらっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月の「小石川植物園」【2】花/9月11日/2010年

今が盛りの「ナンテンハギ」の花です。このページでは【1】に続いて小石川植物園で咲く花、残り10種類をレポートします。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。            上段 ・・小さな花 携帯電話との対比で大き   …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

9月の「小石川植物園」【1】花/9月11日/2010年

シカクヒマワリで蜜集めに忙しい蜂・・・です。この写真でもわかるように花は随分と減って種子が形成される時期になっています。今月は19種類の「花」と17種類の「実」を収録しました。花で2バージョン、実で1バージョンの3ページ仕立てでレポートすることにします。    花の写真は次ぎのように掲載して…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

8月の「小石川植物園」【3】/8月14日/2010年

3回シリーズ「8月の小石川植物園」第3回目のページへようこそ。このページでは日本に分布する花や実・13種類についてレポートします。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。            上段 ・・小さな花 携帯電話との対比…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

8月の「小石川植物園」【2】/8月14日/2010年

2010年8月の小石川植物園・3回シリーズの第2回目のページへようこそ・・・このページでは北米を除く帰化植物・13種類の花や実をレポートします。今回の帰化植物については中国原産もしくは中国経由で渡来した種類が多く7種存在します。やはり、古代中国文化強大さと遣隋使から始まった中国との長い歴史を感じます。    {%女の子お知…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

8月の「小石川植物園」【1】/8月14日/2010年

珍花「ショクダイオオコンニャク」の開花時には最大時1日1600人の来場があってam11:00で入場打切りとなったと云う小石川植物園もこの日はすっかり以前の静寂さを取り戻して、のォ~んびりと植物観察が出来る環境に戻ってました。(ホッ!) 花も猛暑で夏枯れの時期ですがそれでも38種類を撮影出来ました。上の写真「ナツザキツツジ」もそうですが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「6月の小石川植物園(2/2)」/2010年

「5月の小石川植物園(2/2)」へようこそ(1/2)に続いてで長いレポートになりますが引き続きご覧ください。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。            上段 ・・小さな花 携帯電話との対比で大き           …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「6月の小石川植物園(1/2)」/2010年

通常は月一回は定期的に訪問していたのですが何故か5月は行けずじまいで久々の訪問となりました。開花は飛躍的に拡大しているかと思いきや横ばい状態であったのにはやや意外感が強かったと云う印象です。早春の花々が終わり初夏の花に切り替わるのか、梅雨時が本格的な切り替え時期になるのかもしれません。今回の花が30品目ありますがそのうち6品目がユキノシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”4月の「小石川植物園」2010年(2/2)

小石川植物園の桜も今が満開・・・と言う事で、桜見物に圧倒的に集中しますが、その直ぐ隣で花達は何時ものように咲いています。欲張って撮ってしまったので枚数が多くなっています。重くなっているかもしれませんが・・ご辛抱ください。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。            {%チ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”4月の「小石川植物園」2010年(1/2)

隅田川や上野公園あたりの「桜狂乱」みたいな大騒ぎは苦手なのですが、やはり桜は見たい・・・と言う事で、かねてから「ここは穴場かも」と狙いをつけていた小石川植物園に出掛けてみました。何時もの通り標本園を中心とした花も撮影して来ましたので、1/2&2/2部の編成で掲載しますのであわせてご覧下さい。    
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”「3月の小石川植物園」2010年(1/2)

サクラ開花の時期でもあり、最新の写真を載せたいと考えていたのですが・・・昨日から今日に掛けての強風では無理な話になってしまいました。時間はたってしまいましたが先週14日に撮った写真を掲載します。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。            
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”「3月の小石川植物園」2010年(2/2)

サクラ開花の時期でもあり、最新の写真を載せたいと考えていたのですが・・・昨日から今日に掛けての強風では無理な話になってしまいました。時間はたってしまいましたが先週14日に撮った写真を掲載します。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。            
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”2月の小石川植物園

2月7日に撮影した状況です。少ないですが花を付けたもの、芽吹いてきたものもチラホラと見え始めていました。                 ひそやかな花達         品種名・・シナマンサク          {…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”「見頃も近い?梅林・小石川植物園」

梅が咲き始めたという情報がチラホラ出始めたので「少し寒いかな?梅も無理かもしれない」と思いつつも、下見にでもなれば・・・と小石川植物園を訪ねてみました。枝垂れ梅はまだ硬い蕾状態でしたが他の梅はかなり開花していました。       -1)樹木名は園内の表記(上記写真)をそのまま転記し            …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”12月の「小石川植物園」(3/3)

( クリックすると画像が拡大します。 )絶滅危惧AⅠ類・父島固有種の「シマカコソウ」の貴重な花が咲いていました。  12月の「小石川植物園」へようこそ・・今日は「標本保存園」以外の花と温室についてレポートをします。このエリアにも貴重で含蓄の高い植物が保存されていました・・・多少、説明が長い部分も…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”12月の「小石川植物園」(2/3)

12月の「小石川植物園」へようこそ。今日は”標本保存園”で見つけた今月動きのあった(むしろ、先月見落としていたのだと思うのですが・・)花もしくは実についてレポートします。先月レポートはしませんでしたが写真に撮ってあったものは参考データとして掲載しましたので比較してみてください。        撮影日12月1…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”12月の「小石川植物園」(1/3)

先月「小石川植物園」を訪れた際に一面セピア色に変化しているのを目にして”12月はもうダメなんだろう”と見極めは付けていたのですが、念のためにとのぞいて見ましたら・・・花達はまだまだ頑張っていたんです。頑張っていた様子を①前月と重なる花、②今月になって目にした花、③温室他の3部仕立てでレポートします。                …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

"花巡り”11月の「小石川植物園」(2)

11月の「小石川植物園」のページ第2回にようこそ!昨日は前月との対比が中心でしたが今日は今月目に付いた花や実についてのレポートになります。TOPの写真はツキヌキニンドウですが、開花の終ったても華やかな物がたくさんありました。花(植物)は懸命に生きているのでこうした状態も見てあげないとかわいそうかな?・・と思いましたので、撮ったものを目一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”花巡り”11月の「小石川植物園」(1)

標本数の多い「小石川植物園」でもさすがに11月に入ったら見るべきものは極めて少ないだろう・・と高をくくっていたのですが彩りは少なくなった物の変化はまだまだ続いていました。植物の意生命力に感動!・・でした。写真はいささか地味になりますが2回に分けてレポートしますのでご覧下さい。    花の写真は次ぎの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小石川植物園・10月の花(2)

 真夏には見ることの出来なかった「酔芙蓉」の「白」がはっきりと確認  できる時期になりました。  この時期には白からピンク、そして朱色へと変化するのが目で確認  出来ますので、名前の由来は語らずとも納得することが出来ます。  (注)「白」は川口グリーンセンターで開園直後に確認したものです。    {%女の子お知らせhd…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小石川植物園・10月の花(1)

 10月に入ったので「小石川植物園」を訪ねてみました。  「秋に入ったのだから地味な花がボチボチとあるからいか?」と思ってました  ・・・が、なんの何の結構華やかな花々に出会うことが出来ました。  写真の数も思いのほかに多くなりましたので分割してのレポートとなります。    花の写真は次ぎ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小石川植物園・9月の花(標本保存園・後編)

7月にブログを8月にデジカメを始めたばかりのルーキーのページに ようこそ!! 若葉マークゆえに単調でたどたどしい構成になっていますが、気合でお付き 合い下さい。    花の写真は次ぎのように掲載してあります。              {%チ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小石川植物園・9月の花(標本保存園-前編)

私の花巡りは・・鑑賞を言い訳に何かを食べに行く・・と言う少々不順な動機です。 デジカメも5年前の600万画素で3倍ズームにアクリル製レンズと言う白物です。 先輩諸氏程アカデミックでもないし写真だってチャッちい代物です。ルーキーには 到底出来やしません、それにしても・・見られん(汗)! それでも腕の良し悪しに係わらず花々は一様…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小石川植物園8月の薬草園(volⅣ)

小石川植物園「薬草保存園」のレポート第4回目です。ウコンの開花を幸運にも目にすることが出来ました。花は頭頂部には開花せずに茎と茎の狭間に控えめに大輪の花を開花させていました。受粉とかを考えると損な咲き方に思えますが別の意味合いがあるのでしょうか?(CF白い花のように見えるのは花ではなく花序の一部。黄色の唇形をしたのが花。・・出典;「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川植物園8月の薬草園(volⅢ)

小石川植物園「薬草保存園」のレポート第3回目です。TOPの写真はウドの木に留まっていた昆虫です。昆虫図鑑ではアオドウガネ(コウチュウ目・コガネムシ科)らしいのですが夜行性とあるので定かではありません。花には人間様が集まりますが、薬草保存園には昆虫が多く集まって来るようです。多分、より安全な植物と知っているのでしょう。 (注-1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川植物園8月の薬草(volⅡ)

小石川植物園「薬草保存園」のレポート第2回目です。今日もただひたすらにオールグリーンのページ構成になりますが、時には上のような虫たちと草木の交流を捉えたショットもあります。探してみてください。 (注-1)記事中の花名、分類名、生育分布については「標本分類園」の表記を転用させていただきました。 (注-2)写真の掲示方法は次のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more