浅草・とんかつ『すぎ田』美味しさは人柄を映す鏡!/2013年8月16日

画像
美味しいお店って言うのはどこかに人を裏切る部分があるような気がします。とんかつ『すぎ田さんもそうです。
カウンターの目の前すぐに銅鍋のフラーヤー・・・です。お店に入って目にした瞬間は「これは、このお店のご主人は自信家かなァ~~!?」って反射的に思ってしまいました。口数も少ないし、黙々と油の温度を測っているしィ~~!()・・・ってネ。
画像
このお店も低温でじっくりと揚げるタイプを採っていますから、とんかつが揚がるまでの間、店主がさまざまな作業をするのをカウンター越しに眺めることが出来ます。
几帳面な動き、無駄の無い作業動線、そして一工程が終わる都度作業場を「サッ」と一拭する所からも「お客を、お店を、大事にしているんだなァ」と云うことが伝って来た気がします。
画像
たっぷりと奥行きのある白木のカウンターに手を置くと「何とはなしに気持ちが落ち着きます」・・・とんかつ屋さんですから店内に油の飛沫が漂うはずです。白木のカウンターだって飴色になっても仕方がないのに、このさらっと感です。普段こまめに時間をかけて手入れをしているんですよネ・・・その思いが伝わるから「何とはなしに気持ちが落ち着きます」・・・になるのでしょう。

とんかつに対する心配りは調味料からも感じられます。
画像
向って左からはこのお店のオリジナルソース、は岩塩、は醬油、はスパイシーなウスターソース、は甘口のウスターソース
食べる人の好みで最後の味付けを・・・と云う、ご主人の気配りです。口うるさいだけの自信家だったら「俺の味付けが一番いいに決まってらァ!」で一刀両断のはず。こんな気配りはしないでしょう。


12分~13分程してお店の雰囲気を肌で感じられた頃、注文したメニューが配膳されました。
画像
こちらのお店は定食は無くって、単品メニューのみですから「豚汁」と「ご飯」は別注になります。
画像
画像
         ロースかつ


画像
画像
         ヒレかつ

この断面を見ればわかりますよネ、このカツのジューシーさ、柔らかさ、脂身の甘味感等々。
やはり、美味しさには作り手の人柄が映し出されるんですヨ!!
美味しかったァ~~、そしてご主人のチョッとシャイなお人柄も気に入っちゃいました。今度はやはり食べるのが好きな甥っ子を是非にでも連れて行って同じ感動を味あわせてあげたい・・・そう思っちゃいました。




 秋葉原「丸五」美味しいとんかつには訳がある ・・・2013年8月11日
 久しぶりに出会った”美味しい!トンカツ”「丸山」桔平」 ・・2015年1月23日

"浅草・とんかつ『すぎ田』美味しさは人柄を映す鏡!/2013年8月16日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント