「辰年・干支のお菓子」人形町編(付録)/1月5日/2012年

画像
隣の芝生現象って言うか、手に入らないとなると欲しくなるのが人の性のようで・・昨日GET出来なかった人形町は「壽堂」さんの『龍の爪』と『辰の最中』を松屋銀座店まで買いに行って来ました。


画像
                壽堂さんの『龍の爪』
カステラ饅頭を土台にして、龍の爪にはアーモンドナッツをトッピングした体裁になっています。巨大な素材・・・龍の中から「願い事を叶える宝物」と云われる如意宝珠(にょいほうじゅ)を握りしめた爪だけをピックアップした大胆なデザインです。
判る人にはわかるけど判らない人には何のことやら見当もつかない”判じ物”かも知れません。
そのリスクを顧みない潔さが人形町の職人さんの心意気なんでしょう!
画像
餡はさらりとしていて甘すぎず上品・・・口の中でサラサラとほどけて行く感じで美味しいです。 



画像
                壽堂さんの『辰の最中』
画像
餡はどちらも同じで「柚子餡」です。寒風舞う季節ですが、口に含むと爽やかな風味でひと時寒さを忘れさせてくれるような気がします。お茶と良く合いそうな甘さの最中でした。


これで、ようやく納得しました。昨晩は夢にまで見てしまいましたから・・・(失笑)。今日から落ち着いて眠りにつけそうです。
ハシタナイ話で恐縮なんですけど・・これも、「自遊人的お気楽散歩」流、生きてる証ですからご容赦を 



         ≪関連ページのご案内≫
 2011年12月28日取材の「辰年・干支のお菓子」日本橋編
2012年1月2日取材「辰年・干支のお菓子」銀座編
2012年1月4日取材の「辰年・干支のお菓子」人形町編
2012年1月17取材}「辰年・干支のお菓子」根岸・竹隆庵岡埜編 
 『巳年・干支のお菓子』(その1) ・・・2012年12月30日取材
 2014年「午年・干支のお菓子」 …2013年12月30日取材      

"「辰年・干支のお菓子」人形町編(付録)/1月5日/2012年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント