開花一週間後の「辰巳の森緑道公園・桜並木」/4月11日/2011年

画像
知名度の高いTVドラマのタイトルバックになったからと言って、一度行けば気が済むはずだったのです。ところが震災被害のレポートを見た辰巳を故郷とする方から「変わり果てた故郷の姿にがく然とした」と云うコメントを頂戴しました。何の関係もないよそ者の私が覗いた断片情報で故郷の思い出を壊してしまうことがあってはマズイことです。余計なおせっかいだ東亜思うのですが、違った視点でも情報をお届けしたいと云うことで改めて訪ねてみました。
かなり言い訳に満ちた理由で辰巳のOB&OGの方向けに作ったレポートになっています。始めてアクセスした方には訳が判らないで当惑されるかと思いますが・・・そんな訳です、ご了承ください。       


          【桜模様/辰巳の森海浜公園入口】
画像
画像
有楽町線「辰巳駅」から歩道橋を渡って直ぐ運動広場の入口になります。ユキヤナギの群生の向こうに、先週は霞む程度でしかなかった桜並木がまさにピンク一色となって目に飛び込んで来ました。

               【桜模様/桜並木(西)】
画像
           (クリックすると画像が拡大します。↑↑↑
画像
           (クリックすると画像が拡大します。↑↑↑
運動広場を横切って桜並木に踏み込んだあたりの開花風景です。(写真上)桜並木、(写真下)桜並木南の側道になります。この桜並木は一直線に500mと云うダイナミックさも魅力ですが、広場→側道→桜並木・・・と云う奥深さももう一つの魅力です。
画像
           (クリックすると画像が拡大します。↑↑↑
この辺りが、先日の地震で長さ程の90m亀裂を作ってしまった部分になります。亀裂はアスファルトで修復され、更には花吹雪が傷跡を癒すかのように覆っていました。

             【桜模様/桜並木(中央)】
画像
画像
桜並木もエリアによって開花のスピードに差があります。西側部分はやや開花が先行していて、行った11日の状況ではサンクスの向かい側辺りの部分が一番のピークを迎えている・・と云う感じでした。この辺りの広場では家族連れが三々五々ランチいを兼ねた花見を楽しむ団欒風景もみられて和やかァ~な雰囲気いっぱいでした。

画像
この写真は緑道公園中央をもう少し東に行った地点から振り返って見たものです。アングルを低くして見るとまた違った桜並木の顔を見ることが出来ます。
画像
画像
公園の植物も地震のダメージは同じように受けていますが、今こうして見まわすと若葉も着々と葉を広げる準備を整えていました、ダメージに負けず自分の命を精一杯に伸ばそうとしているように思えます。明日への希望の灯として前に一歩歩を進めたい・・・辰巳OB&OGの皆さんもこの公園を訪れてはそんな勇気をもらっていたのではないか・・・そんな気がする辰巳の桜風景でした。



        ≪HERO関連ページのご案内≫
    2011年4月4日取材;復旧した辰巳公園・桜並木
   2010年11月16日取材; 「辰巳の森公園・桜並木の紅葉」
 GW・会津若松「鶴ヶ城と桜」の風景 ・・・2013年4月28日取材

"開花一週間後の「辰巳の森緑道公園・桜並木」/4月11日/2011年" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント