リッチもリーンも美味しい天然酵母パンのお店「プルクル」/2014年1月9日

画像
代々木で美味しいパンを作っているお店に出会いました。pour-kur(プルクル)さんです。

画像
画像
場所はJR代々木駅西口を出て目に入る代々木ゼミナールの隣(と云うか裏?)と云う至近距離です。
ここに「代々木ビレッジ」と云う一風変わったと云うか個性的なコロニーがあるんです。その「代々木ビレッジ」入口直ぐ左が目指すお店のpour-kur(プルクル)さんです。


画像
天然酵母のパンというと「思い入れはわかるけど、出来上がりはチョッとね~?!」と云うのが多いんですよ。このお店も覗くと厨房もスタッフは女性ばかしのようだし「大丈夫?また期待はずれじゃァないの!」って正直思っていた部分はあります。食べてみるまでは判りませんからね?!
画像
そんな葛藤の中でGetしたのがこの5点。(手前)アンチョビのフォカッチャ ¥130、(中列左)パニールカリー ¥210、(注列右)ベルギー産チョコレートクリームパン ¥200、(後列左)サンフランシスコ・サワーブレッド ¥250、(後列右)ベジハムサンド ¥380


画像
画像
             パニールカリー210
パニール」とは(出典;ウィキペディア)⇒”インド、パキスタン、アフガニスタン、イランなどの地域で一般的に使われるチーズのこと”とあり、また調理例としては”インドでは、パニールを食べやすい大きさに切って油で表面を揚げてから料理に加える” ・・・とあります。
画像
生地は多分ナンの一種でしょう。その中にぽつぽつと見えるのが「パニール」・・・みたいです。・・・」なので、カレーのスパーイシーさはそのままながら、マイルドな食感を楽しむことが出来ます。


画像
画像
             チョコレートクリームパン200
断面は粗目に見えますけど、実際にはしっとりしたパンに仕上がっています。このパンのセールスポイントはチョコクリームにベルギー産のチョコレートを使っていることです。繊細な風味を上手ァ~く活かしてます。ただ、部位にもよるのですがパンの上に掛かられたココアの方が勝っちゃてる部分もあるのは惜しい所です。


画像
     サンフランシスコ・サワーブレッド(ハーフ)250
この『サンフランシスコ・サワーブレッド』生地の歯切れはサックリしてますし、しっとり感もあって尚且つ軽やかなサワーの風味も・・・十分に伝わって来ます。バターと一緒に食べると一層美味しさが浮き立って来る美味しいパンです。


画像
画像
                 ベジハムサンド380
このサンドイッチって大きいんですヨ、コンビニで売っているサンドイッチの1.8倍位はあります。・・・なので、ランチ時間になると近くのOLさんがこのサンドイッチを目指して次から次へと訪れてました。お得感ありますもん!近隣のOLさんはラッキーですヨ。



楽しみなお店を発見してワクワクしています。
湘南は辻堂にある天然酵母パンのお店「POURQUOI?(プルクワ)さんとのタッグを組む店です。湘南のお店にも行ってみたいなァ~~って思わせられる物がありました。
「女性スタッフのお店で大丈夫?!」みたいなことを言っちゃってごめんなさい(

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック