2014年「午年・干支のお菓子」(2)/2014年1月2日

画像
若駒をわが子の無事な成長に例えて振る舞われたんでしょうか、明るい希望がちりばめられたような和菓子の詰め合わせは「鶴屋吉信」さんの福来と云う詰め合わせです。
干支の意匠が焼かれた「麩菓子」とはんなりとした色使いの干菓子がオーソドックスな中にも華やぎ感があって新春を飾るにはふさわしいお菓子です。



画像
オーソドックス”と云えば私が先ず頭の中に浮かべるのは「花園饅頭」さんの干支饅頭です。
画像
画像
意匠は「牛」の絵馬と「馬」の文字だけと云う極めつけのシンプルさなのですが、「絵馬」の刻印の下には紅が曳いてあって”人参”をイメージさせているのは作り手の茶目っ気がなせる業でしょう。
お味の方は「和菓子は餡が命」と云いますけど、「花園饅頭」さんの餡を口に含むと「あぁ、いつもの奴だ!安心だァ」と云う感じがあって私は大好きです。いつもの平和な一年が始まる・・・そう感じさせてくれる『干支饅頭』です。
「薯蕷(じょうよ)饅頭」独特の薄いけれどもフワッと感のある皮と餡とのベストミックスは、「花園饅頭」さんならではの物でしょう。

)大和芋、山芋、つくね芋などを米粉や小麦粉のつなぎに使って饅頭の皮に用いた蒸し饅頭を「薯蕷(じょうよ)饅頭」と言います。
大和芋、山芋、つくね芋などをは蒸すとふくらむ性質があるので、饅頭の皮はフワッとした優しい食感に仕上がります。



画像
画像
薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)でもう一つ目に着いたのが「豊島屋」産の『賑わい(にぎわい)』です。
「豊島屋」さんといえば『鳩サブレ』専門店みたいな印象ですけれども、明治27年(1894年)創業の和菓子店なんですよネ。鎌倉の本店に行けば上生菓子から干菓子までフルラインナップで目にすることも出来ますが都心のデパート内の出店では普段は「鳩サブレ」専業ですから、正月の松の内だけ拝むことが出来ると云うある意味貴重なお菓子です。見た目でも楽しめる薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)です。



画像
この日『福袋』の一番人気は「柿山」さんでした。柱2本半分の行列に並ぶと云う超人気ぶりはすごかったですネ!!それだけ「柿山」さんのおせんべいが美味しって言う証でしょう。
干支の福笑いを買い求めに来た私は10時に並んだものの午前中は『福袋』の販売専業だったので12:00に買いに来ることを告げて予約しなければならなかったんですけど・・・
画像
念願かなってゲットした福笑いのキットです。(組み立てあがりは「柿山」さんのサンプルをご覧ください)
毎年感心するのは”煎餅”の整形の”絶妙”さかげん。ケーキやクッキーと違って”煎餅”って焼成段階で生地が膨らみますから形を保って製品に仕上げるのって大変なはずなんですヨ!
それがこの精度で商品化して来るんですから・・・もう大したものです。感嘆!感嘆!そして感動・・・です。

”感動”といえば、対応してくれたお姐さん(SさんorKさん)の対応もそうです。
阿鼻叫喚のような『福袋』販売の最中にも拘らず笑顔で、円滑に淀みなく対応してくれましたしねぇ。12:00を過ぎて取りに行ったらシッカリ覚えていてくれて柔らかな笑顔で応対してくれましたし、最後まで見追ってくれる礼節のある対応には感動しちゃいました。甥のお嫁さんに来てくれたらなぁ~~、って叶わぬ夢を描いちゃうほどでした。ステキなサービスを今年一番の初夢だったかもしれません。



画像
画像
 「桂花堂」さんの年賀状せんべいです。こちらは今はやりのプリントものですが、アイデアが中々にユニークです。
エビ煎餅にメッセージや縁起の良い干支がプリントしてあって外函も正月仕様のデザインですから年賀の挨拶には気が利いてます。



画像
こちらは久々に目にした造形物の干支菓子です。作出は「L’oLIOLI(ロリオリ)365」さん・・ウエディングケーキやシュガーケーキで有名な「アニバーサリー」さんの手掛けるお店です。造形の美しさ可愛らしさは言わずもがなでしょう。
画像
『ロリロリポップ』。チョコレートクッキーの上にショップカラーの”ピンク”と”アクア(?)”で彩られたチョコレートをトッピングしてあります。
画像
『ピッコロクッキー』。干支年の絵柄はチョコレートクッキーの上に砂糖で描かれています。ユーモラスでキュートなデザインが新しいを明るくしてくれそう・・・そんな感じが良いです。
(補足)お店のお姐さんも気が利いている方でした。私がロリロリポップを「ああでもない、こうでもない」と選ぶのに迷っていたら、「こちらのもご覧になって下さい」って、わざわざ棚の下からストックを出して選べるように並べてくれたりして・・「あッ、このお店良いなァ!」そう思っちゃいました。利発で聡明なお姐さんに感謝!



画像
画像
「クラブハリエ」さんの店頭ディスプレイには2種類の干支「午」がデザインされています。
デザインの向うで働く職人さんのアクションも今年の吉凶を「働けば吉」を言い表しているようで面白い物でした。



画像
画像
職人の手作業そのものだったのが「ジョアン」さんの干支のパンです。表情は2種類ですが中身は同じ・・・バージョンを変えてくれるような遊び心があると更にGOO!でしたけど、そうそう・・・あと生地の仕上げの荒っぽさも若干気になります。



画像
画像
こちらは「ドンク」さんの干支のパンです。中身は普通のカスタードクリームですけど、おとぼけ笑顔が「ホッ1」と出来る優しい絵柄が良いですねェ。
生地の仕上げも柔らかくってGoodです。特別なの物では無いですけどクリームパンとしての味のまとまり具合も良かったですネェ~~ハナマルです!!



画像
画像
「アンデルセン」さんの干支のパンです。形的には面白いデザインで良いと思います。惜しむらくは、生地の仕上げ具合が荒いことと味覚的にはまずくは無いのですがクリームパンとしての完成度が低いことです。(来年を期待しましょう!)



         ≪関連ページのご案内≫
 『銀座でみつけた「干支の菓子」』  ・・・2010年取材
 『新宿でみつけた「干支のお菓子」』  ・・・2010年取材
 『日本橋で見つけた「干支菓子の心」』 ・・・2010年取材
『上野うさぎや「干支のお菓子」』  ・・・2011年取材
2011年12月28日取材の「辰年・干支のお菓子」日本橋編
2012年1月2日取材「辰年・干支のお菓子」銀座編
2012年1月4日取材の「辰年・干支のお菓子」人形町編
2012年1月17取材}「辰年・干支のお菓子」根岸・竹隆庵岡埜編
2012年1月5日取材「辰年・干支のお菓子」人形長編(付録)
 『巳年・干支のお菓子』(その1) ・・・2012年12月30日取材
 2014年「午年・干支のお菓子」 …2013年12月30日取材
 春の気分を探して・・・「人形町」へ ・・・2014年1月23日      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 2014年「午年・干支のお菓子」

    Excerpt: 年の瀬になると、見たくなるのが来たるべき新しい年を象徴する「干支のお菓子」です。上の写真は泉屋東京店の>「新年限定商品・クッキー絵馬」です。絵は画家の柳沼祥子さんの手によるもので、優しいタッチの.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:54
  • 『巳年・干支のお菓子』(その1)/12月30日/2012年

    Excerpt: 来年の干支は『巳』。作り手としてはやりにくいキャラですから「難しいんだろうァ~」と思いつつも「だからこそ、職人の技が見たい!」と云う希望もあり・・・と自己矛盾しつつデパート巡りをしてみました。 Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:55
  • 「辰年・干支のお菓子」根岸・竹隆庵岡埜編/1月17日/2012年

    Excerpt: 1月5日に掲載した「辰年・干支のお菓子 人形町編(付録)」をご覧いただいた”ゆりあな”さんから『根岸で赤いパッケージの黒糖味のお菓子は何というのか知らない?』と云う質問をいただきました。 根岸のキー.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:56
  • 「干支のお菓子」人形町編/1月4日/2012年

    Excerpt: 人形町の京和菓子『壽(ことぶき)堂』さんの干支の和菓子です。昼前にお訪ねしたのですが今日はこの2品だけをどうにかGETすることが出来ました。 Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:57
  • 「辰年・干支のお菓子とパン」銀座編/1月2日/2012年

    Excerpt: 初売りの様子を見に銀座へ・・・そこで見つけたのが「まめや金沢慢久」さんの『干支の豆箱入り紅白豆』です。 この絵は年始限定の辰ですが、一つ一つ手書きで描かれているそうです。 新春にふさわしい晴れ晴れ.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:58
  • 「辰年・干支のお菓子」日本橋界隈編/12月28日/2011年

    Excerpt: 干支にちなんで成形したものは和菓子、洋菓子を通じてこの時点では13店舗程度とやや寂しい感じでした。 上の写真は三越内「菓匠・花見」さんの『龍』の上生菓子です。和菓子は職人さんの腕の見せ所!なのである.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:59
  • 上野うさぎや「干支のお菓子」/1月6日/2011年

    Excerpt: 年末年始と、うさぎ年にちなんだお菓子を求めて探訪して来ましたが・・・大トリは上野の「うさぎや」さんで決めさせてもらいました。 Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 11:00
  • 日本橋で見つけた「干支のお菓子、そして心」/1月4日/2011年

    Excerpt: 和菓子と云うのは抽象的な造形が多くなります、そこから何を感じ取るかは買い手の側に託される・・と云う特徴があるのではないかと私は思っています。その、和菓子の心と云ものを持った和菓子を日本橋・三越本店の「.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 11:00
  • 新宿でみつけた「干支のお菓子」/12月30日/2010年

    Excerpt: 上の写真は「新宿・伊勢丹」さんで見た鶴屋吉信さんのディスプレイです。やはり餅は餅屋・・・シックな中にも存在感があって、あまりにも見事なのでお店の方にことわって写真におさめさせてもらいました。・・・と云.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 11:01
  • 銀座で見つけた「干支のお菓子」/12月28日/2010年

    Excerpt: ”年の瀬”が迫って来ると気になるのが来年の干支、干支にかこつけて来年が良い年であるようにと願うのは誰もが同じではないでしょうか?来年の干支は「ウサギ」・・・古来から『白色』は吉兆を表すとかで、更に「ウ.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 11:02