農村に寄添う「ヒガンバナ」風景・日向薬師/2012年10月8日

画像
画像
今年は出遅れちゃいました。日向薬師のヒガンバナ風景も、もう秋の真っただ中!
画像
終わり行く物の陰り・・・を感じさせますが、そこには深まり始めた秋ならではの”しっとり”とした風景がありました。

画像
画像
画像
先ずはとのコラボ風景。日本人って稲を携えて日本海を渡って来た弥生民族の末裔ですから、DNAの中にあるんでしょうネ。と、それを野鼠から守るために植えられたヒガンバナとのコンビネーションへの安心感・・・みたいなものが!



画像
画像
画像
画像
画像
画像
撮影地は観光客が行くのとは違う場所です。絵になるような段々畑の風景はないのですが、代わりに普段の生活の中に咲くヒガンバナの景色が一杯ありました。
名前も知らない花々と寄り添って咲く・・・そういう気取らない普通の風景です。
近在の農家の方が無暗に刈り取ってしまわないでくれているからこそ見られる風景です。


画像
画像
秋らしい虫にもヒガンバナは寄り添っています。これって、農薬が使われていないってことですよ!


画像
画像
私たちが通ると「ヒガンバナの撮影かい?天気で良かったねェ!」と声をかけていただきました。心優しい方々がいらっしゃるからこそ、花にしても虫にしても自然に寄り添った姿が見られるんですよネ!!
今年最後、見納めのヒガンバナになりましたが、人と花とが寄り添って共生する姿を目にすることが出来ました。良かったです!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー

    Excerpt: 農村に寄添う「ヒガンバナ」風景・日向薬師/2012年10月8日 自遊人的きまぐれ散歩/ウェブリブログ Weblog: オークリー racked: 2013-07-05 22:10