松戸「本土寺」アジサイとショウブの共演/6月26日/2012年

画像
唐突にショウブをなぜ!?・・・と思われるかも知れませんけど次の写真をみて下さい
画像
ちょうど今、ショウブがコラボレーションしているんです。
画像
画像
ショウブはやや終わりかけ状態なので今週末位までの期間限定の風景なんですけど・・・
画像
全体風景はこんな感じです。明るさに満ち溢れた空間の中でコラボレーション・・・まばゆいような風景です。


画像
コラボといえばスカシユリ(注;多分、園芸品種)との共演も・・・その名の通り日差しに透けた花弁が美しくないですか?
さらに目を凝らす(クリックすると拡大します)と、蟻が蜜を求めてやって来ているのも見えます。
画像
こちらは何のユリなのかは判りませんが色のトーンがと対照的で良いアクセントになっていました。



画像
画像
画像
この日はトンボが成虫に脱皮する時期に当たったようで、あちこちの花の上で羽を乾かすトンボがを見ることが出来ました。
この辺りは、まだ自然が守られているという事なのでしょう。



画像
画像
画像
「本土寺」のアジサイは・・・と云うか、造園は華麗で美しいとか、繊細な美しさとか、流麗な・・・とか言う類のものではありません。
ドサッと花を植え込んだ・・・だけの物と云った方が近い印象かも知れません。

どう逆立ちしても、京都や鎌倉の寺院には勝てっこありません。
ただし、そのまんまの松戸っぽさで自然体で見ることが出来るというのも大切なことす。


この時期を楽しみにしてやって来る、おじいちゃんやおばあちゃんが「ことしも咲いたねェ、綺麗だねェ!」って、そう言ってくれる・・・こうした光景をここでは多く目に出来ます。

なぜ!?
寺院の花は供物として仏に捧げるための物と聞いていますが・・・おじちゃん、おばあちゃんの笑顔こそが本当の供物・・・私にはそう思えます。
花の存在意義ってそのためのだと思います・・・

その意味では「本土寺」のって見事なものではなのだ・・・と私には思えます。

京都や鎌倉よりも遥かに身近な存在なのだです。



 鎌倉・成就院のアジサイ風景 ・・・2012年6月23日取材
 鎌倉・長谷寺のアジサイ風景 ・・・2012年6月23日取材
 飛鳥山公園・『飛鳥の小径(こみち)』はアジサイ満開 ・・・2012年6月18日取材

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 鎌倉「成就院」のアジサイ風景/6月23日/2012年

    Excerpt: 江ノ電「極楽寺」近くにある『成就院』参道のアジサイ風景です。 参道のアジサイは『般若心経の文字数と同じ262株』・・仏様への供物としての花ですから、そうした数にもこだわっていらっしゃるようです。 .. Weblog: 自遊人的お気楽散歩 racked: 2012-06-27 20:09
  • 鎌倉・長谷寺のアジサイ風景/6月23日/2012年

    Excerpt: 鎌倉・長谷寺のアジサイが見頃です。『経蔵』の後ろにある急峻な斜面一面に花を開いています。斜面には”散策路”が巡らされていてアジサイを間近で観賞することが出来ます。         (写真は3枚ともク.. Weblog: 自遊人的お気楽散歩 racked: 2012-06-27 20:09
  • 飛鳥山公園・『飛鳥の小径(こみち)』はアジサイ満開/6月18日/2012年

    Excerpt: 花粉を持たないハズのアジサイの花に虫が・・・、珍しくってシャターを押しました。今日は飛鳥山公園の『飛鳥の小径(こみち)』をお気楽にレポートします。(昆虫はクリックして画像を拡大すると確認出来ます)王子.. Weblog: 自遊人的お気楽散歩 racked: 2012-06-27 20:10