名残の桜見物「上野公園」/4月13日/2012年

画像
上野公園・清水観音堂の下にある「しのぶ川」を彩る桜の花びらです。京都円山公園の枝垂れ桜をよみがえらせたことで有名な桜守・佐野藤右衛門さんによれば「花は桜の一年の最後なんや」という事です。
若葉から一年が始まり花を咲かせることで一年を終える・・・これが桜の一年のサイクルなのだそうです。
となると、地上に散った花弁は桜が彩る最後の最後の、渾身のデザインという事になります。
画像
「しのぶ川」に降り注ぐ桜の花びら・・・を捉えようとしたのですが、大方はすでに散ってしまっているしこの日は風も無かったのでせいぜいこれが限界。 

 
画像
画像
「しのぶ川」から清水権現堂の境内に上がってみると、ここは枝垂れ桜の巨木が今を盛りと云う風情で華麗に花を付けていました。


画像
不忍池とボート池に挟まれた桜並木・・・花は半分ほどが残った感じで風が吹く度に花弁を散らしていました。
画像
池端ではカモメが羽を休めて風景があちこちに・・・桜の花の色とカモメの羽根の白さがマッチしてます。

画像
これは、「桜通り」公園事務所寄りで毎年目にする、恒例「猫の昼寝姿」。メモには”お酒を飲んでもトラにならないで!”・・・って書いてあってギャラリー達の微笑みを誘ってました。


画像
画像
上野の森美術館近辺の「山ざくら」は、ほぼ咲き終えて若葉を出し始めていました。ここから桜の新しい一年が始まります。 
桜は冬の寒さを経験しないと開花しないのだそうです、最南端の沖縄では島々の山の上の方の桜が花を付けるらしいのです。寒さが開花へのスイッチになっている・・・自然のメカニズムには不思議が一杯です!
来年の開花を楽しみにしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック