’12年「塩船観音・つつじ開花状況」/4月25日/2012年

画像
首都圏ではスケールの大きい『つつじ』で知られた塩船観音の25日の開花状況です。まだ、本当に一部の早咲きだけが開花している状態です。


どの程度の開花なのか山内を歩いて確認してみましょうか? まずは、薬師堂の横を抜けて護摩堂を望むロケーションから・・・    
画像
   右手は東斜面ですけどチラホラと蕾が開きかけた状態でまだまだです。
画像
画像
護摩堂の後ろ斜面でチラホラと開花が点在しているようです。あとで確認しえみましょう。



今度は西斜面から東斜面を見たアングルです。上から「本堂→鐘楼」、真ん中が「鐘楼→護摩堂」、最後が「護摩堂→観音像」の順になります。
画像
画像
画像
一部に薄紫系のつつじが開花しているのは確認できますが花の色よりは葉の色が斜面全体を覆っている状態で、まだ1分咲きにも届いていない感じでした。



    東斜面「鐘楼」周辺で蕾がどのくらいの状態なのか確認してみました。
画像
画像
東斜面の多くはようやく蕾を付け始めた状態・・・しかもやっと取れた殻が蕾の周りに残っていますからほん数日の間に蕾を形成したのだろうと云う感じでした。
画像
画像
  



      次は北東から北斜面と西斜面を見渡す位置から見た開花状況です。
画像
護摩堂後ろから観音像下にかけての斜面・・・この部分が一番色付きが多くみられるエリアになります。
画像
早咲きで開花していますから多分『ミツバツツジ』(?)なのだろうと思います。
画像
このエリアで次に開花しそうだったのが名前は判りませんがこの赤いつつじ(ヤマツツジかな?)です。
画像
これは北東から西斜面を眺望したアングルですが、例年通りこのエリアの開花が一番遅れているようです。
画像
・・・このエリアでも早咲き種は存在していて、すでに枯れ尾花状態の株がポツンとありました。諸行無常の響きあり・・・みたいな寂寥感が一杯なんですけど、この斜面にたった一株だけって何の種類だったんでしょう? 



画像
入山チケットを担当し絵ているオバちゃまに聞いたら「連休後半でも今年は満開って云うのは難しいかも・・・」って言ってましたけど、「つつじまつり」終わっちゃいそうですよねェ? 
でも、山内を歩いてみると・・・
画像
画像
画像
境内では高い木に登って枯れた枝を落としたり、テントを設営したりと今は開花前の準備にようやく取り掛かったと云う状態でした。
画像
地元の老舗菓子店のお店も閉じたままですし、ツツジの開花はまだまだ先と云うこと感じで、地元の人の感覚では開花はマダマダ当分先・・・と捉えているという事なのでしょう。
と言う事は・・・あの満艦飾のようなスケール感をを是が非でも見たいと云う方は連休後の9日~10日前後を狙うのが良いのかも知れませんし、連休中に行きたいと云う方は5日~6日をターゲットにするのが良い・・・と云う事になるのかも知れません。


      → → 「塩船漢音へのアクセス」 ← ←
【1】JR河辺駅からバスへの乗り継ぎ
画像
画像
西東京バスを利用します。乗り場は河辺駅北口を出て右側『りそな銀行』前にあります。
画像
          (クリックすると画像が拡大します。↑↑↑
日中の本数は2~1本/Hなので、バスの時刻に合わせて河辺駅に着くようにするのがベストです。


【2】塩船観音入口⇒河辺駅へのバス便
画像
画像
          (クリックすると画像が拡大します。↑↑↑
河辺駅への戻りのバス便も、来た時と同様に本数が少ないですから予め乗車する時間をチェックして置く方が無難です。
小高い丘を昇り降りしますから思った以上に時間がかかります。今回のようにほとんど開花が進んでいない状態で、タカをくくっていましたが1時間ではカツカツでした。
開花が始まって撮影に没頭するようになれば2時間程度の余裕を見ておかないといけないと感じでしょうネ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック