都心の小さな春「浜離宮&芝離宮」/3月28日/2012年

画像
画像
浜離宮庭園の菜の花畑・・・その中で披露宴の記念撮影をするニューカップル。菜の花の輝きに負けない光を放ってました。

と云う訳で、定番と云えば定番すぎるスポット「浜離宮庭園」なのですが、季節の折々に足が向いてしまうんです・・・不思議と!
まァ、季節替わりのチェックと云うかリトマス試験紙・・・みたいな感じなんだと思いますぅ。
冬の間は冬眠してたクマみたいなものです。
冬眠から覚めて、先ずは周囲の様子をチェックする場・・なんでしょうネ

画像
「浜離宮庭園」のセールスポイントはこのお花畑と、いかにも都心らしいビル群とのコントラスト。
ショットの捉え方には色々あるのでしょうが、私はこの方向がお気に入りです。
画像
     寒さが長引いた今年は、梅とのツーショットが楽しめます。

画像
お花畑の奥、『船乗り場』に向かう道沿いに「梅園」拡がっていて・・・ここからもビル群と梅園のコントラストを見ることが出来ます。
場所柄なのでしょうか外人のギャラリーも結構目にしますけど、彼らは「梅」の花に興味津々のようです。
西洋には「梅」って少ないんでしょうか?

画像
「お花畑」から「潮入の池」に向かう中間にある「花木園」に咲く『サンシュユ』。
春の柔らかい陽ざし黄色が移り込むような感じで優しく輝いてました。
菜の花の「見てみて!今、咲いたよォ~」みたいなきらめくような黄色とは違って
寡黙な黄色が優しくって、落ち着いていて良いなァ~~




「浜離宮庭園」の帰り道に、ほぼ隣接すると言って良い距離感にある「芝離宮庭園」にも小さな春を探しに寄ってみました。
ここは規模も小さいし、セールスポイントになるような花も無い、地味ぃぃ~~な公園なんですけど・・・その分、静かな風景と花のツーショットを楽しむことが出来ます。
画像
       「梅林」と世界貿易センタービルのツーショット。
画像
       「スイセン」と高層ビルのツーショット。
画像
「芝離宮庭園」は「泉水」と云う池を中心に風景の変化を楽しむ回遊式庭園です。
植栽もその一つ、これは池端に咲く『ユキヤナギ』ですがその向うを錦鯉泳ぐ錦鯉とのツーショットです。
足元にある小さな風景・・・身近なところにも春が来ているんだなァ~~と感じることが出来ます。
スケールの大きな春も美しいですが、こんな小さな春の方が・・・私は好きだなァ~~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック