「辰年・干支のお菓子とパン」銀座編/1月2日/2012年

画像
初売りの様子を見に銀座へ・・・そこで見つけたのが「まめや金沢慢久」さんの『干支の豆箱入り紅白豆』です。
この絵は年始限定の辰ですが、一つ一つ手書きで描かれているそうです。
新春にふさわしい晴れ晴れとした中にしっとりとした和を感じさせるデザインが目を引きます。
中身は・・・能登の塩を使ったしおみつと梅の2種類の味わいの紅白の炒り豆の詰め合わせになっています。(¥945/松屋銀座)


新春に顔見世する「干支のお菓子」、今年は例年に比べて少ないようでほとんどが昨年末からの継続所品になったいるようでした。

そんな中から「まめや金沢慢久」さんの『干支の豆箱入り紅白豆』も含めて6品目をピックアップしてみました。ご覧ください。 ↓  ↓



             干支の菓子・和菓子部門 
画像
画像
            花園饅頭さん『干支万頭』(¥189/三越)
紅白2種類あります。(左)→つぶし餡(あん)万頭。→漉し餡(こしあん)万頭


画像
画像
画像
       宗家 源吉兆庵さん『干支菓子 辰』(¥840/4個入り/松屋)





              干支の菓子・パン部門 
画像
画像
          ドンクさんの『干支のパン 辰』(¥252/松坂屋)
辰の顔をかたどった菓子パンす。抹茶風味のパンの中にカスタードクリームが入っています。


画像
画像
       アンデルセンさんの「辰のクリームパン」(¥242/松屋)
     →カスタード生地を絞ったパン(中身;カスタードクリーム)
     →チョコレート、 →ココアシュガー


画像
画像
       ジョアンさんの『辰パン』(チョコクリーム入り/¥252/三越)



画像
画像
(写真上)ジョアンさんの「角松」、(写真下)木村屋さんの「鏡餅
  『辰』っていうキャラクターが難しいテーマなのかも知れません。成形の難しいパンの場合はこうしたオーソドックスなテーマの方がビタッと収まるみたいですね。





      他のエリアで見つけた・干支のパン  
                (1月22日;補足)
画像
画像
           神戸屋キッチンさんの『開運ドラゴンくん』
            (フィリング=カスタード&ビターチョコ)¥252


画像
画像
            パン・ファクトリーさんの『りゅうくん』
               (フィリング=カスタード)¥160


今年のパン業界は、存分に腕を振るっていて活気があります。
こういう活性化は良いです!
干支の形態にこだわるという事ではなく、こうしたアプローチが行く行くはユーザーの心を捉えることになるはずなのですから・・・
頑張れ!パンのマイスター達・・



          ≪関連ページのご案内≫
2011年12月28日取材の「辰年・干支のお菓子」日本橋編もご覧ください。
2012年1月4日取材の「辰年・干支のお菓子」人形町編
2012年1月5日取材「辰年・干支のお菓子」人形長編(付録)
{%門松hdeco%2012年1月17取材}「辰年・干支のお菓子」根岸・竹隆庵岡埜編 
 『巳年・干支のお菓子』(その1) ・・・2012年12月30日取材
 2014年「午年・干支のお菓子」 …2013年12月30日取材
 2014年「午年・干支のお菓子」(2) ・・・2014年1月2日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「干支のお菓子」人形町編/1月4日/2012年

    Excerpt: 人形町の京和菓子『壽(ことぶき)堂』さんの干支の和菓子です。昼前のお訪ねしてのですが今日はこの2品だけをどうにかGETすることが出来ました。 Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2012-01-04 20:25
  • 「辰年・干支のお菓子」日本橋界隈編/12月28日/2011年

    Excerpt: 干支にちなんで成形したものは和菓子、洋菓子を通じてこの時点では13店舗程度とやや寂しい感じでした。 上の写真は三越内「菓匠・花見」さんの『龍』の上生菓子です。和菓子は職人さんの腕の見せ所!なのである.. Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2012-01-04 20:27
  • 「辰年・干支のお菓子」人形町編(付録)/1月5日/2012年

    Excerpt: 隣の芝生現象って言うか、手に入らないとなると欲しくなるのが人の性のようで・・昨日GET出来なかった人形町は「壽堂」さんの『龍の爪』と『辰の最中』を松屋銀座店まで買いに行って来ました。 Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2012-01-05 21:04
  • 「辰年・干支のお菓子」根岸・竹隆庵岡埜編/1月17日/2012年

    Excerpt: 1月5日に掲載した「辰年・干支のお菓子 人形町編(付録)」をご覧いただいた”ゆりあな”さんから『根岸で赤いパッケージの黒糖味のお菓子は何というのか知らない?』と云う質問をいただきました。 根岸のキー.. Weblog: 自遊人的お気楽散歩 racked: 2012-01-18 05:07
  • 『巳年・干支のお菓子』(その1)/12月30日/2012年

    Excerpt: 今年の干支は『巳』。中々難しいキャラですから「難しいんだろうァ~」と思いつつも「だからこそ、職人の技が見たい!」と云う希望もあり・・・と自己矛盾しつつデパート巡りをしてみました。 Weblog: 自遊人的お気楽散歩 racked: 2012-12-30 23:41
  • 2014年「午年・干支のお菓子」

    Excerpt: 年の瀬になると、見たくなるのが来たるべき新しい年を象徴する「干支のお菓子」です。上の写真は泉屋東京店の>「新年限定商品・クッキー絵馬」です。絵は画家の柳沼祥子さんの手によるもので、優しいタッチの.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2013-12-30 22:48
  • 2014年「午年・干支のお菓子」(2)/2014年1月2日

    Excerpt: 若駒をわが子の無事な成長に例えて振る舞われたんでしょうか、明るい希望がちりばめられたような和菓子の詰め合わせは「鶴屋吉信」さんの『福来』と云う詰め合わせです。 干支の意匠が焼かれた「麩菓子」とはんな.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:49