「日本橋/クリスマス・スイーツ」のトレンドは?/12月4日/2011年

画像
ふと気が付くともう12月・・・12月と云えば昔だったら町中にクリスマスソング♪が流れてたんですけど、今は聞かなくなりました。
いったい今様のクリスマスってどうなっているんだろうか?・・・と思い立って下見がてら日本橋のデパート、三越と高島屋を巡って探ってみました。


           日本橋高島屋 
画像
画像
高島屋さんは、クリスマスムードはショーウインドウと1階ファサードのツリーだけで店頭の方は唯一WITTAMERが展開しているだけで・・・全然って感じでした。
画像
         WITTAMER『メゾン・ブランシュ』/¥473
《パンフレットから転載》ホワイトチョコレートの中に甘酸っぱいフランボワーズとマンゴーのムース、フランボワーズのジュレをサンド
画像
         【WITTAMER『ショコラ・ド・ノエル』/¥1680
画像
             WITTAMER『ノエルツリー』

画像
           松崎煎餅『江戸瓦・暦』/¥1050
煎餅だって発想を変えれば、こんなにカラフルなクリスマス仕様に変身出来るんです!




           三越・日本橋本店 
画像
画像
画像
一方、三越さんは・・・ショーウインドーも「がちでクリスマス」って感じじゃないんですけど・・・?
ポスターもクリスマスフェアーは7日(水)~って表示されてるし「多分無駄足だろうなァ」とあきらめつつ入店したんですが、これが大外れで結構なラインナップが店頭に並んでました!!
画像
画像
         『cLub HARIE』のX’masディスプレイ
新館地下で目に飛び込んできたのはこのX’smasリースの飾り付け。デザインはクリスマスリース以外に、プレゼント配達中のサンタクロース、雪の結晶の三種類。
取り立てて奇をてらったと云うわけでもないのですが、お店の個性を十二分にアピールしています。オシャレ!

画像
     フォーチュナムメイソン『クリスマスパンロード』/¥630 
初めて目にしましたけど、イタリアのクリスマスには欠かせないバターと卵がたっぷりのリッチなパン・・・なのだそうです。どんな風味なのでしょうか?

画像
画像
               ジョアンのディスプレイ
本館地下でと云うか三越本店を通じて一番力を入れていたのがジョアンさん。
ディスプレイから陳列まで彩に気配りして「来店したお客に楽しんでもらおう」としているもてなしの心が伝わってきます。
画像
             ジョアン『サンタさん』/¥273
チョコクリーム入りの菓子パンです。優しいサンタさんの雰囲気たっぷり表現できてます。
画像
             ジョアン『スノーマン』/¥189
生地はブリオッシュでホワイトチョコレートでコーティングされているそうです。
画像
       ジョアン『クリームチーズの切り株』/¥210 
自家製のチーズクリームが木目を表しています。
手が込んだ・・・と云う訳ではないのですがクリスマスの雰囲気出てます。


三越さんでも統一したクリスマスフェアーはこれからですから、各ショップでも店頭に陳列している商品は代表的なもの位でした。三越さんが発行しているパンフレットに掲載された商品が多かったようです。
そんな中から目についた商品をピックアップしてみました。   
画像
     アニバーサリー『ザ・ハウス・オブ・クリスマス』/¥3150
《パンフレットから転載》本橋雅人シェフの愛らしく細やかなヘキセンハウス。
画像
          ベルン『世界のクリスマス/¥3150
《パンフレットから転載》クリスマスに楽しまれている世界各国のさまざまなお菓子を集めました。
(くつ7、サンタクロース、クグロフ、シュトーレン、ベッパルカーコル、ヨウルトルティッシュ、スノーマン、マルメラディ)
画像
     セバスチャン・ブイエ『フェット ドゥ ノエル』/¥2625
《パンフレットから転載》スノーボールをイメージしたギモーブをはじめ、パーティーを盛り上げるカラフルなお菓子。
画像
    エニスモアガーデン『クリスマス・プディング』/¥3780
バナナ、レーズンを練り込んだしっとりした生地と・・・マンゴー、いちじく、クルミなどの食感が楽しめます。
画像
       ロイズダール 『オーナメントクリスマス』/¥3150
《パンフレットから転載》イラストレーターの高橋常政氏が描くファンタスティックなサンタの世界が、真っ赤な缶の中には、クリスマスモチーフのお菓子がいっぱい。
画像
       セゾン・ド・セツコ『季節のチョコレート』/¥1260
《パンフレットから転載》口どけの良いボンボンショコラの上に雪の結晶など、この時期ならではのモチーフをあしらってエレガントな印象に。
画像
       モロゾフ『ホリデースイートカレンダー』/¥1575
《メニューから》クリスマスまで一日にひとつづつ数字の窓を開け、チョコやキャンディーを楽しむカレンダー。

クリスマスとは縁遠いと思われがちな和菓子でも果敢にトライしているお店がありました。繊細な和菓子つくりの技術を持ってすれば・・・こんなに生き生きとしたスイーツが出来るんです。   
画像
           菓匠花見『クリスマス上生』/¥1470
画像
         京都・長久堂『クリスマス干菓子/¥735


三越さんの取り組み姿勢はポジティブで、重かったこの一年を明るく締めくくってくれそうな予感がします。老舗の心意気を感じます。さすがです!!
クリスマスフェアーも本格的にはこれからなので、これからラインアップも拡大して行くでしょう。楽しみです!


12月7日取材「銀座&有楽町クリスマス・スイーツ」もご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「銀座&有楽町/クリスマス・スイーツ」下見散歩/12月7日/2011年

    Excerpt: ビルごとプレゼントの斬新なデザインは銀座はカルティエのビル。派手派手しくもありつつきらりと光るハイセンスが調和して美しい意匠になっています。 ・・・と云う事で都会らしさを感じつつ銀座から有楽町を下見.. Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2011-12-09 22:05