紅葉とバラの一石二鳥「旧古河庭園・紅葉」/11月23日/2011年

画像
バラでつとに有名な旧古河庭園ですが、規模はそう大きくはないものの日本庭園の紅葉も見応えがあります。
画像
上2枚の写真は展望台下から撮ったもので、誰もが狙うショットだとは思いますが洋館とのツーショットは水戸黄門様の印籠みたいなものなので諦めてください。

このカエデを始め旧古河庭園のカエデはかなりクレナイ色に染まっていて、この時期でも紅葉風景を楽しむことが出来ます。


園内のスポット名はここから⇒「旧古河庭園」HPに飛んで『園内マップ』を参照してください。



                  つつじ園下周辺 
画像
バラ園の階段を下りさらに、つつじ園からもう一段階段を下りると日本庭園のエリアに入ります。
日本庭園からつつじ園側を眺めると逆光の中に見える光景は”不思議の国のアリス”の入口にも見えそうな感じで、風景は『明』から『暗』に反転します・・・
画像
画像
実際にはカエデ園になっていて全体の1/3程度のカエデがクレナイ色(まだ色は淡いのですが)を披露してくれています。決して『暗』ではなくって『静寂』の世界に入るわけです。
画像
私のちっちゃななフラッシュではこの程度が限度ですが、大口径レンズで大きいフラッシュをお持ちの方なら紅葉トンネルの向うに洋館を撮り込むことが出来るでしょう、トライしてみてください。
画像
つつじ園下から「展望台」方向の眺望です。紅葉がカエデの木の上の方だけ進行しているのがお分かりでしょう、これが下枝まで下りてくれば重層的な紅葉が楽しめるようになるはずです。



                  船着石周辺 
画像
つつじ園下から船着石に向かう道筋左側には苔が植えられていて、そのはるか上はカエデの大木が茂っています。カエデがクレナイに染めた葉を散らしたとき、苔の上と上空とに紅葉が広がることになるのでしょう・・
画像
画像
画像
船着石に出ると心字池の対岸に印象深い「はぜの木」が、そして渓谷側の対岸にはカエデの巨木が紅色を池に映しています。
ビュースポットになっているので、石橋の上をすれ違うことになります。見とれていると足元がおぼつかなくなりそう・・・気を付けないといけません!
画像
船着石~渓谷のi紅葉具合です。園内では一番紅葉が進んでいて、紅葉する種類の樹木はほぼ全て色を付けています。
まだ色合いは鮮明な状態ではないので、このあたりの紅葉具合は60%位と云った所でしょう。
反対に対岸のカエデ類はようやく先端に色を持ち始めた状態ですから、25%程度と云った感じです。



                  渓谷⇒雪見灯篭 
画像
人って朱色を目にすると引き寄せられる習性があるようです・・・。心字池に出てこの光景を目にすると、一斉にカメラを構え、シャッターを切り・・・そのあとは集視ポイントの「はぜの木」目指して邁進&邁進です!
画像
画像
この辺り、カエデはまだ発色していません。「カエデでないとしたらあの朱色はいったい何?確認しなくっちゃァ!?」さらに歩みは早まります。
画像
鮮やかな紅色は「はぜの木」です。手前に1本の「はぜの木」があって、さらにその奥にもう一本。このダブルキャストの重層感が集視ポイントをより一層引き立てていたようです。
(結局、紅色を目指して歩を進めたがる・・・と云う行動心理は分からずじまいでした、ひょっとしたら、稲作民族の日本人だけの持つDNAかもしれません。紅色=太陽の色=豊作、もしくは石器時代獣から身を守るために焚いた焚火の明かり・・・と云う深層心理が現代人の中にもDNAとして残っているからなのかも知れません?)



                   雪見灯篭 
画像
これは雪見灯篭を西側から、つまり渓谷側から歩いてくるとまずこの絵が目に入ってくるわけです。
画像
そしてこれが定番の構図で東側から見たところです。




             コストパフォーマンス『大』 
画像
画像
旧古河庭園の秋はコストパフォーマンスが大きいスポットと云えるでしょう。バラと紅葉の一挙両得ですからネ。
バラもお義理で咲いているというレベルではなくって鑑賞に堪えうる見事なものです。バラの開花には選定技術とタイミングが欠かせないという事です。旧古河庭園を管理する皆さんの卓越した技量がうかがえます。(感謝)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック