見頃一歩手前・秩父長瀞宝登山の「ロウバイ」/2月6日/2011年

画像
四季の山野草さんのHPで1500本のロウバイが有ると聞いて以来、行ってみたいと思っていた宝登山(ほどさん)へ東武東上線~秩父鉄道と乗り継いで念願の地に行ってきました!!上の写真は山頂の蝋梅園の中の「西ろうばい園」です。「西ろうばい園」もやや咲きそろって来た程度の時期ですが、その中でも最も開花が進んだ所はこんな具合に5~6部咲きの花を観賞することが出来ます。       

             足慣らしのハイキング? 
画像
画像
             【ハイキングコース入口】
左に行けばロープウエイ、右に行けばハイキングコース・・・、ここが運命の分かれ道でしたネェ~。周りを見れば結構なお歳のオバちゃま達ばっかり、大きな声で話しながら迷うことなくハイキングコースに向かって行きます。それなら多少は若い私がロープウエイに乗る訳にはゆくまいと「ピクニック気分で行けるだろう」って高をくくってスタート・・・

画像
              【 置いて行かれる 】
やや傾斜が感じられる頃になると、オバちゃま達との差が開いて行くではありませんか・・・「むっ、こんなハズでは? 駅からの道は私の方が早かったのに?」・・・気持ちはあるものの、息が上がるゥ~! 鉛の塊を巻いたように足が重ォ~い!

画像
             【眺望までも期待を裏切る】
オバちゃま達に置いて行かれる屈辱感を紛らわそうと、秩父の町を眼下に・・・と林の合間からの眺望を期待したのですが、曇っていてまったくダメでした(ショボッ・・)。このあたりはコースの中ほどに当たる場所らしいのですが展望も開けて来るPOINTになります(晴れていればねェ)。かては杉林だった所を切り開いて、ツツジでしょうか低木の林に切り替えています。ハキングを好む人が増加したのでしょうか?・・ニーズに対応した整備を進めているようでした。
画像
勾配もきつくなり標高も一気に稼いだのでしょう、側溝には溶けないままの根雪が見えます。海抜500m弱ですから東京都心と比べても高々5℃の気温差しかないはずなのに、標高差以上の環境の差があるようです。まァ、東京の気候の方がおかしいンです・・・きっと。

画像
画像
             【ロープウエイ頂上に到着】
52分&3305歩の苦闘の末、ようやく蠟梅園の麓に到着。登っている時は暑くって脱いでいたセーターとダウンジャケットを急いではおる位、「さぶゥ~~!」って感じで、標高497mなのですが体感温度は1000m超位に感じます。




               蠟梅園の開花状況 
画像
画像
              【 結構な混雑状態 】
まず驚くのは人の多さ!そしてご老体達の元気の良いこと!・・おおよそ70前後と目される方達が大挙して山道を埋め尽くしています。しかも元気、元気! 声高らかな話し声と、大きくて元気な笑い声があちこちで”こだま”の様に飛び交っています。すごォ~いパワーに圧倒されっぱなし!!

画像
画像
             【東ろうばい園の開花状況】
以前から植栽されていた部分は3部咲き、昨年新しく開かれたエリアは若木なので1部咲き・・・位でしょうか?日当りの関係で西ろうばい園の方が先に開花するようです。
パンフレットによれば、地元の長瀞中学の学生さんが山頂5000㎡を伐採して、500本を新しく植栽したそうです。3~4年したら東ろうばい園の眺望は格段に変わるようで楽しみです。長瀞中学のみなさんありがとう。



画像
              (クリックすると画像が拡大します。
画像
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
             【西ろうばい園・遠望】
東ろうばい園を巻くように屋筋をたどって行くと、右前方に「西ろうばい園」が遠望出来ます。コチラの開花の方が早いので黄色い雲が漂っているような景観を目にすることが出来ます。

画像
画像
             【西ろうばい園の開花状況】
早い所で6部咲き、遅い所で4部咲き・・・全体では5部咲きと云った開花具合でしょうか? もっとも、種類によって開花具合が違うので一律には言えませんが。

画像
         【頂上部分からの秩父山系の眺望】
中央の小高い山が「武甲山(ぶこうさん)」(1,304m)です。想像し得見て下さい、抜けるように青い空に武甲山が眺望出来て、縁取りにロウバイの黄色が映える・・・って、自分の目で見てみたかったなァ!



画像
              (クリックすると画像が拡大します。
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
             【素心蝋梅(そしんろうばい)】
          学 名:Chimonanthus praecox form. concolor
          科 名;ロウバイ科
          ロウバイ の変種。花の中央部の花心が色の変化がないのが
          特徴。鮮やかな黄色が見栄えがするので、人気がある。
          茎にはスポンジ状の白い芯がありこれが「素心」の名前の由来。
                                 (出典;四季の山野草


画像
             【和蝋梅(わろうばい)】
          学 名:Chimonanthus praecox
          科 名;ロウバイ科
          中国原産で、江戸時代前期に朝鮮経由で渡来。特徴は花芯が
          濃い赤紫であること。
          名前の由来 ①ろうそく細工のような梅に似た半透明の花から
                  ②臘月(陰暦12月)花を咲かせるから
                            (出典;四季の山野草
(注-1)通常の呼称は「ロウバイ」とするのが普通のようで、『和蝋梅』は宝登山蠟梅園固有の呼び方かもしれません。
(注-2)秩父鉄道HPには「素心よりも遅咲き」とありましたが、現地で見る限り「和蝋梅」のほうが咲き終わりに近い感じのようでした。


画像
              (クリックすると画像が拡大します。
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
             【満月(まんげつ)蝋梅】
これはソシンロウバイから造られた園芸品種です。全体的に花がコロンと丸みを帯びているのが特徴の花です。


画像
               【 ロウバイの実 】
(逆光でハッキリしませんが)最初は蓑虫かな?と思ったんですけど、四季の山野草さんのHPで検証させていただいたところ『ロウバイの実』であることが判りました。「西ろうばい園」では全体的に開花が早く、その中でも1月上旬から開花した物も在ったのでしょう・・・そうした枝にはこうした実がまばらに見えていました。




            駅舎も捨てがたい存在感 
画像
画像
           【関東駅百選に選ばれた駅舎】
味のある駅だなァ・・・と思って眺めていたら、駅舎正面の壁面に認定証がキラリと輝いてました。

画像
                 【 駅舎正面 】
この佇まいにはやはり、この赤くて丸いポストが似合います。ついつい、この駅舎の前に幼いころの鼻ったれ小僧の自分をダブらせてみたり・・時計の針が進まない光景って云うのも、それだけで価値があります。

画像
               【 木製のゲート 】
あずがに今は団体専用の出入口になっていて、通常は使われていませんが木製のゲートって懐かし~い。昔、日がな一日このようなゲートにもたれて汽車が出入りするのを飽きずに眺めてましたねェ~~。

画像
              【 駅舎のエンブレム 】

画像
画像
               【 駅舎のランプ 】
この形、この明るさ・・・少年の心をセンチメンタルにさせたものです。その明りの先に在る未来の輝きと、道へのおののきと・・・。そんなうぶな少年を見たような気が・・・(幻か?)

画像
              (クリックすると画像が拡大します。
                【手延べガラス?】
ガラスの婿の景色が歪んで見えますでしょう? これってガラスが「手延べ」製ってことですヨ!! 創建当時はガラスって工場生産がされてない時代で職人が一枚一枚手造りで作ったものだったんでしょう、貴重が故に高価なガラス・・・の筈です。これって極め付け!!(感動  )

・・・初心者マークのページに最後までお付き合いいただきありがとうございました。
長瀞駅の標高が141m、宝登山の標高が497mですから、標高差356mです。ハイキングコース入口からはおおよそ標高差330m・・・もとラガーマンとしては、たかだかこのくらいの高さをクリアー出来ないって云う自分に愕然。空想の中の自分はロウバイノ花のようにきらめいているのに・・・現実の自分は枯れ木も山の賑わい・・・なのでしょうか? ♪思えば遠くへ来たもんだァ~~♪(ハァ)




         ≪ 秩父関連ページ ≫
 「秩父・羊山公園の芝桜」 ・・・2013年4月3日取材

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 見頃でした!「秩父・羊山公園の芝桜」/2013年4月3日

    Excerpt: 以前から行きたいと思いつついけないでいた秩父「羊山公園の芝桜」を見に行って来ました。この数日で”見頃”になったという感じで、チョッと地面の見える部分もありましたが充分に見応えのあるパノラマ風景を堪能し.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2013-05-04 06:37