お気楽散歩・橋巡り編①「新田橋」/1月/2011年

画像
川辺を歩くと心が解放される気がして、好んで川筋を歩くことがあります。ことに江東区は運河も、運河に架かる橋も多いですし、川沿いの散策路も良く整備されていますので私の中では江東区は”川筋歩きのメッカ”になっています。江東区の運河の歴史は江戸初期・慶長年間(1600年代中頃)の「小名木川」から始まっているそうです。明暦年間(1655年~)からは永代島から埋め立てが始まったと云われています。・・・なので当然、陸地と陸地を結ぶ橋も数多くあります。上の写真はそんな中の一つ「大横川」にかかる『新田橋』の説明パネルです。常にスポットライトを浴びている物よりも、人知れす在って地元の人に好かれている物が好き・・・と云う少々斜に構えた指向性を持つ私にとっては、一番愛すべき橋となっています。(クリックすると画面が拡大します)

画像
画像
この橋は裏通りにありますから、中々人目に触れることはないと思います。私も裏道をテクテク歩いていて唐突に出くわしました。気まぐれに裏道を歩いていなければ遭遇しなかったかもしれません。そんな場所にありながらこの橋って「何か持ってる」って云うような存在感があります。
画像
気になって見ていたら「江東区街並み景観賞・第一号」と云う表示がありました~~木場の赤ひげ先生として親しまれた新田医師が未亡人の霊を慰める為に作った「橋」だったんですネ~~「あァ、地元の人に愛されて来た橋なんだなァ、だから何かを感じさせるんだ」・・・説明パネルと合わせてみるとこの橋の持つ存在感も納得出来ます。
画像
目立たない路地裏にある「新田橋」ですが地下鉄東西線・木場駅を出て三ツ目通り(都道319号)を南に折れた所直ぐにある「平木橋」から全体像を目にすることが出来ます。
画像
「平木橋」から「新田橋」を撮影するアングルはこんな感じになります。撮影は日差しを考えて午後の方が良いかもしれません。 
画像
初代の「新田橋」は北西約200mくらいにある木場親水公園に現在も展示されています。

橋情報の検証には江東区のHP「区施設案内」と、『江東区内の橋巡り』さんのHPを利用させていただきました。
橋や運河の場合、地図で調べても名前が載っていなかったりで、調べるのに苦労します。「江東区内の橋巡り」さんのHPには橋の諸元データから所在地まで完壁に整備されていて、キーワードを入力や地図、運河名からも橋の検索を出来ます。更には”トピックスとクイズ”のコーナーもあったりと、中身の濃ォ~いHPです。・・・大変助かりました。 

       

           「新田橋」界隈の食べ処 
川筋歩きが好き・・・と情緒的な物言いをしましたが、実は”食いっけ”の方が勝っていると云った方が正直かも知れません。・・・今回の”食いっ気”はラーメン。「新田橋」から東に300m位歩くと東洋一丁目に「麺屋吉左右(めんやきっそう)」と云うつけ麺店があります。
画像
1時間前後は並ばなければならないンですが、それだけの価値のある美味しいつけ麺が堪能できるお店です。
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
             【つけ麺 ¥800】(麺300g)
             【大盛りつけ麺 ¥930】(麺450g)
             【味玉つけ麺 ¥900】
             【チャーシューつけ麺 ¥1100】
当日の私のスケジュールはこんなでした;「新田橋」の撮影を昼過ぎ位に想定すると、11時過ぎ ⇒「麺屋・吉左右」に並び、11時50分位 ⇒自家製麺のつけ麺を食し、12時30分 ⇒平木橋に移動 ・・・位の手順です、お腹もカメラも満腹にすることが出来ましたヨ。

       橋巡り編②「永代橋」 には江東区開拓の基点となったストーリー
       を記載しました。お立ち寄りください。 


・・・初心者マークのページに最後までお付き合いいただきありがとうございました。
江東区の運河には遊歩道が実に良く整備されていて快適に散策を楽しむことが出来ます。春には河畔の桜が川に向かってせり出したトンネルの下を歩きながら、川面の「花筏」を探したりと楽しみも広がります。『江東区内の橋巡り』さんのHPに出会うことが出来ましたから、今年の春はより立体的な川筋歩きができそうです・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • お気楽散歩・橋巡り編②「永代橋」/1月25日/2011年

    Excerpt: 地学会の公会資料によれば・・『(埋め立て方法を大きく変えた出来事は)開幕後、約半世紀を過ぎた明暦時代、明暦元年(1655)に出された江戸市中のごみ処理令である。(中略)人口の増加は膨大なごみの発生を促.. Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2011-01-27 15:06