日本橋で見つけた「干支のお菓子、そして心」/1月4日/2011年

画像
和菓子と云うのは抽象的な造形が多くなります、そこから何を感じ取るかは買い手の側に託される・・と云う特徴があるのではないかと私は思っています。その、和菓子の心と云ものを持った和菓子を日本橋・三越本店の「たねや」さんで見つけましたヨ。それが上の写真・・・私の心を打った”干支のお菓子”『雪うさぎ』です。
画像
~~とは言え、行った日の1時過ぎには売り切れていたので、実は私はこの和菓子を口にはしていないのです。写真は店頭のディスプレイを近くにいた女性店員の方に了解をいただいて撮ったものです。
写真を撮り終わってお礼を言おうとしたら先程の女性店員の方はもう姿が見えません。「正月で忙しいし、買いそうもないお客にそうそう構ってもいられないから仕方ないか?!」と諦めて別の店を覗いていると、私の肩を遠慮がちにそして優しく叩く人がいます。振り返ると先程対応してくれた”たねや”さんの女性店員の方でした。「失礼が無ければ、資料が有りますのでお持ちになりますか?」・・・そう云って、上生菓子の写真入りのカラーコピーを持って来てくれたんです。
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
忙しい最中に時間を割いて資料を用意して、私を探してくれてたんですヨ・・・こう云うのって感動ですよネ 

「たかが和菓子、されど和菓子」で奥が深いです。和菓子職人さん達が作った上生菓子には「思い」が込められていると思うのです、その「思い」が以心伝心で買い手側に伝わらないと職人さんの「思い」は雲散霧消してしまって、ただの”あんこ玉”になってしまうと思うのです。お店の方の対応に『ハート』があれば職人さんの「思い」は買い手側に伝わる・・・と私は信じます。

私を感動させてくれた女性店員さんには『ハート』を感じました。ただ、単純に並べて、機械的に応対しているのではなくって・・・「心を伝える」と云う”たねや”さんの「思い」が十分伝わって来ました。食べなくたって『雪うさぎ』の商品イメージは以心伝心して来ます。

形にばっかしこだわって探し歩いていた自分が浅はかに思えて・・・来年の「辰年」には1年掛けて歩いて「和菓子の心」を持ったお店を紹介しなければなァ~と、年の初めに心を新たにしましたヨ。少しばかり力込めて・・・!!


画像
やはり老舗三越本店さんですネ!テナントとのコンセプト共有が行き届いています。東京では新宿の伊勢丹さんと双璧・・・と納得しつつ、すがすがしい気分で帰途に就きました。


 『銀座でみつけた「干支の菓子」』 コチラのページにもお立ち寄りください。三越と松屋で見つけた10種類の干支のお菓子を紹介しています。
 『新宿でみつけた「干支のお菓子」』のページにもお立ち寄り下さい。10品目の干支のお菓子を紹介しています。
『上野うさぎや「干支のお菓子」』 の正月風景にもお立ち寄りください。      
 『巳年・干支のお菓子』(その1) ・・・2012年12月30日取材
 2014年「午年・干支のお菓子」 …2013年12月30日取材
 2014年「午年・干支のお菓子」(2) ・・・2014年1月2日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新宿でみつけた「干支のお菓子」/12月30日/2010年

    Excerpt: 上の写真は「新宿・伊勢丹」さんで見た鶴屋吉信さんのディスプレイです。やはり餅は餅屋・・・シックな中にも存在感があって、あまりにも見事なのでお店の方にことわって写真におさめさせてもらいました。・・・と云.. Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2011-01-05 16:47
  • 銀座で見つけた「干支のお菓子」/12月28日/2010年

    Excerpt: ”年の瀬”が迫って来ると気になるのが来年の干支、干支にかこつけて来年が良い年であるようにと願うのは誰もが同じではないでしょうか?来年の干支は「ウサギ」・・・古来から『白色』は吉兆を表すとかで、更に「ウ.. Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2011-01-05 16:47
  • 上野うさぎや「干支のお菓子」/1月6日/2010年

    Excerpt: 年末年始と、うさぎ年にちなんだお菓子を求めて探訪して来ましたが・・・大トリは上野の「うさぎや」さんで決めさせてもらいました。 Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2011-01-06 23:18
  • 『巳年・干支のお菓子』(その1)/12月30日/2012年

    Excerpt: 今年の干支は『巳』。中々難しいキャラですから「難しいんだろうァ~」と思いつつも「だからこそ、職人の技が見たい!」と云う希望もあり・・・と自己矛盾しつつデパート巡りをしてみました。 Weblog: 自遊人的お気楽散歩 racked: 2012-12-30 23:48
  • 2014年「午年・干支のお菓子」

    Excerpt: 年の瀬になると、見たくなるのが来たるべき新しい年を象徴する「干支のお菓子」です。上の写真は泉屋東京店の>「新年限定商品・クッキー絵馬」です。絵は画家の柳沼祥子さんの手によるもので、優しいタッチの.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2013-12-30 22:48
  • 2014年「午年・干支のお菓子」(2)/2014年1月2日

    Excerpt: 若駒をわが子の無事な成長に例えて振る舞われたんでしょうか、明るい希望がちりばめられたような和菓子の詰め合わせは「鶴屋吉信」さんの『福来』と云う詰め合わせです。 干支の意匠が焼かれた「麩菓子」とはんな.. Weblog: 自遊人的きまぐれ散歩 racked: 2014-01-03 10:49