【1頁】248品種のサザンカ・コレクション「東農工大府中Campus」/12月15日/2010年

画像
画像
府中市の東農工大には248品種のサザンカ・ツバキが蒐集・保存管理されています。サザンカ・ツバキの園芸新種の総数は300品種と云うことですから、その大多数を収集した貴重な施設になります。
本来は大学院教育・学部教育の資料として管理されていますが、有難いことに一般にも開放されています。今回は66品種の花をカメラに収めることが出来ました。この写真に東農工大の樹木ラベル情報を添付した形で3回に分けてレポートします。

     
       品種名、群名、生産地等も園内樹木ラベルから転載させて
       いただきました。
       掲載順は東農工大の区分(50音順)に従ったものです、
       『群』とは? サザンカ類は生態によって大きく3つに
       分けられます。『群』は生態の区分を示しています。
        ①サザンカ群 ・・サザンカの自生種の系統、10月~12月
                  に開花
        ②カンツバキ群・・寒椿(獅子頭)の実生から発達した系統。
                   11月~3月に掛けて開花。八重咲きや
                   獅子咲きで華やか。
        ③ハルサザンカ群・12月~4月に掛けて開花。花色は紅や
                    桃色、白色はまれ。

 『「【2頁】248品種のサザンカ・コレクション」』のページにもサザンカの続編を掲載しています。お立ち寄りください。
『【3頁】248品種のサザンカ・コレクション」』、変わり映えもしませんが一応完結編です、のぞいてやって下さい。
『19種類のサザンカ類「神代植物公園」』にもお立ち寄りください。

             
画像
             【品種名】・・  旭   (あさひ)ASAHI               
      【 群 】ハルサザンカ
      【生産地】福岡
      【適用】淡桃地に桃紅の小絞りや吹掛け絞り、一重、平開咲き
           中輪、11~3月咲き。1960年代に久富舜介がハルサザ
           ンカ‘京錦’の実生中より選出・命名。


画像
画像
        【品種名】・・ 東 歌 (あづまうた) AZUMAUTA              
      【 群 】カンツバキ  
      【生産地】東京都
      【適用】濃紅色、八重~ときに獅子咲き、大輪、12~2月咲き。
           1970年頃に東京都下の国立市の民家で栽培されてい
           たもの。カンツバキ群の‘勘次郎'’の実生と思われる。


画像
画像
      【品種名】・・ 伊豆立寒  (いづたちかん) IZUTACHIKAN               
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】神奈川県
      【適用】桃紅色、二~三重、平開咲き、大輪、11~1月咲き。
           伊豆方面の産と思われるが、来歴不明。1970年代に
           神奈川県、東京などで販売された丈夫な品種。


画像
         【品種名】・・犬張子 (いぬはりこ) INUHARIKO               
      【 群 】サザンカ
      【生産地】江戸→埼玉県
      【適用】白地に縁から淡紅ぼかし、弁数の多い一重、平開咲
           広弁、大輪、11~12月咲き。1898年の芦沢「茶梅花
           大集」に記載、川口市安行の皆川椿花園に伝えられる


画像
              (クリックすると画像が拡大します。
         【品種名】・・梅の風 (うめのかぜ) Ume-No-Kaze                
      【 群 】ハルサザンカ
      【生産地】静岡県、埼玉県
      【適用】淡桃地に外弁の裏は濃色、八重、盃状咲き、中輪
            12~2月咲き。詳細不明、浜北市周辺に大株が多く
            安行にもある、江戸時代の梅の風とは別系統。


画像
              【品種名】・・栄光(えいこう) Eiko                
      【 群 】サザンカ
      【生産地】神奈川県
      【適用】濃桃紅色、一重、大輪、11~12月咲き。1970年代から
           神奈川県下で増殖されている、東紅に似るが、本品種
           の花弁は光沢強く、葉形も異なる。


画像
              (クリックすると画像が拡大します。
             【品種名】・・艶 姿 (えにし) Enishi                
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】肥後
      【適用】桃紅色、八重~千重、小輪、11~12月咲き。斎藤清房
           が杉山茂から自然結実の種子を得て実生し、選抜・命名
           したと伝えられる肥後サザンカ。


画像
        【品種名】・・快童丸(かいどうまる) KAIDO - MARU              
      【 群 】サザンカ
      【生産地】江戸→埼玉県
      【適用】白地に濃紅ぼかし、蕾は濃紅で開花後も弁の裏は濃色
           一重、大輪、10~12月咲き。
           1898年の芦沢「茶梅花大集」に記載、皆川椿花園その他
           に古木がある。


画像
         【品種名】・・唐 衣 (からごろも) KARAGOROMO              
      【 群 】ハルサザンカ
      【生産地】福岡県、埼玉県
      【適用】濃紅色、八重、中心部に数枚の旗弁がでる、小輪
           12~3月咲き。久留米市周辺で鳳凰とよばれ、2、3
           の古木がある、安行にもあるが古木はない。


画像
画像
          【品種名】・・狩 衣(かりぎぬ) KARIGINU              
      【 群 】サザンカ
      【生産地】江戸
      【適用】白地に紅ぼかし、一重、中輪、11~12月咲き。1898年
           の芦沢「茶梅花大集」に記載、安行の皆川椿花園に保存
           されているが、現在ではほとんど増殖されない。


画像
画像
                【品種名】・・勘次郎 (かんじろう) KANJIRO              
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】愛知県→各
      【適用】紅色、八重、中~大輪、12~2月咲き。原木は稲沢市
           にあったとされ、1950年代から急速に普及し、現在最も
           広く利用されている品種、別名・立寒椿、歌枕。


画像
        【品種名】・・黄葉サザンカ(きばのさざんか) 
                KIBA -NO -SAZANKA             
      【 群 】サザンカ
      【生産地】大阪府
      【適用】淡紅色、一重、中輪、11~12月咲き。1960年前後に
           片山寿楽園から発売された葉変わりの珍品種。


画像
       【品種名】・・京 錦 (きょうにしき) KYO - NISHIKI              
      【 群 】ハルサザンカ
      【生産地】江戸→埼玉県
      【適用】白~淡桃地に桃紅色の縦小絞りや吹掛け絞り、一重
           平開咲き、中輪、11~3月咲き。1898年の芦沢「茶梅
           花大集」に記載、中部、関西、九州にも古木がある。


画像
              (クリックすると画像が拡大します。)              
          【品種名】・・吉良白寒椿 (きらしろかんつばき) KIRA-SHIRO-KANTSUBAKI              
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】愛知県
      【適用】白色で外弁はわずかに帯紅、八重、小輪、11~1月
           咲き。1960年代から西尾市の吉良農園で白寒椿の名
           で発売した。


画像
画像
          【品種名】・・銀 月 (ぎんげつ) GINGETSU              
      【 群 】サザンカ
      【生産地】肥後
      【適用】白色で外弁の先端が帯紅、蕾は淡紅色、一重、中輪
           11~12月咲き。1970年代に肥後さざんか協会によって
           追加認定された肥後サザンカ。


画像
画像
          【品種名】・・見 驚 (けんきょう) KENKYO              
      【 群 】サザンカ
      【生産地】江戸→埼玉県→新潟県
      【適用】白色、一重、大輪、11~12月咲き。1898年の芦沢「茶
           梅花大集」に記載、明治期以降は安行の皆川椿花園に
           移り、1970年代からは新潟県で生産されている。


画像
          【品種名】・・皇 玉(こうぎょく) KOGYOKU              
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】埼玉県
      【適用】白に近い淡桃、千重、中輪、11~1月咲き。1930年
           の皆川「実際園芸」に『私の畑で実生・選出した新花』
           とある、ときには日の出富士と混同されるが別品種。


画像
        【品種名】・・桜 司 (さくらつかさ) SAKURA - TSUKASA             
      【 群 】サザンカ
      【生産地】熊本県
      【適用】淡桃色、一重、平開咲き、中輪、10~12月咲き。
           1970年前後に熊本市から発売、肥後さざんか協会の
           認定品種ではないが、花着きよく丈夫で作りやすい。


画像
              (クリックすると画像が拡大します。
画像
画像
                【品種名】・・桜吹雪 (さくらふぶき) SAKURA - FUBUK             
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】愛知県
      【適用】桃色、弁数の多い一重、中輪、11~12月咲き。
           1960年代に佐藤稔により選出・命名、葉の形態や
           樹形からカンツバキ系品種の実生と思われる。


画像
           【品種名】・・敷 島(しきしま) SHIKISHIMA             
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】肥後
      【適用】紅桃色、八重~千重、弁縁が切れ込み、満開時には
           雄蘂が見える、中輪、11~12月咲き。熊本市の宍戸
           弥次郎選出・命名の肥後サザンカ。


画像
              (クリックすると画像が拡大します。
画像
        【品種名】・・獅子頭 (ししがしら) SHISHI - GASHIRA             
      【 群 】カンツバキ
      【生産地】関西、中部
      【適用】紅色、八重、中輪、12~2月咲き。最も古い記録は1894
           年の「園芸会雑誌」であるが、古木は中部に多い、関東で
           寒椿と呼ぶようになったのは1933年以降。


画像
         【品種名】・・昭和錦(しょうわにしき) SHOWA - NISHIK             
      【 群 】サザンカ
      【生産地】熊本県
      【適用】白地に紅ぼかし、一重、大輪、11~12月咲き。1960年
           代に熊本市から発売、肥後サザンカには認定されてい
           ないが、育てやすい大輪の品種。


・・・初心者マークのページに最後までお付き合いいただきありがとうございました。
画像
サザンカは広い実習農場の中にある直線で150m~200m位の並木が東西に2本と、後は隣接する校舎の間に20m程度の植え込みが広がっています。一見、味もそっけもない実務的な植栽なのですが何せ学術研究用なのですからネ・・・、ただ、中身は濃いィんです。バイオ研究にも活用するそうなので、将来このコレクションを親木にした「東農工大」発の新品種が続々と輩出される科の知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック