浅草寺・羽子板市「秀徳・一龍・宝屋」/12月17日/2010年

画像
この写真って?・・・そう、市川海老蔵の「助六」です。せそうを反映したものでもないオーソドックスな役者絵のジャンルなのですが・・・今年の羽子板市で一番の人気を集めていたのは皮肉な現象でした。オバチャマ達からは「今年の海老蔵なら左目を赤くしなくっちゃダメよ!」「顔だけキレイでも心もキレイにしなくっちゃネ!」みたいな会話が飛び交ってましたヨ(失笑)。・・・でェ、このページは海老蔵さんも贔屓にしていたと云うこの「秀徳」からご紹介します。

 『浅草寺・羽子板市「江戸勝」』のページにも是非お立ち寄りください。
『浅草寺・羽子板市「高砂・音羽屋・多宝屋」』のページにも是非お立ち寄りください。

       

                  秀   徳 
画像
            【「秀徳」のディスプレイ】

画像
              (クリックすると画像が拡大します。
            【”羽子板”ご利益の由来】
海老蔵さんも災難をハネ飛ばせるんでしょうかネェ・・?応援している「秀徳」さんの気持ちも汲んで、努力して精進して復帰したら今よりも人気をハネ上げるようにしないとねェ。雲上人のままの感覚じゃあダメですって・・巷のサラリーマンは地べたに這いつくばって、汗をかいて、恥を忍んで・・の毎日なんですからネ!

画像
画像
画像
             【「秀徳」のラインナップ】

画像
         【「龍馬」と「坂の上の雲」の羽子板】




                  一   龍 
画像
             【「一龍」のディスプレイ】

画像
             【「組打ち」の羽子板」】
壇の浦の戦いで平家の若武者敦盛が討たれる・・・と云歌舞伎絵羽子板ですが、鎧(よろい)の金飾りが仔細にしつらえられた大作で見応えがあります。

画像
           【手作り・絞刺繍柄の羽子板】

画像
         【今年の流行語「ゲゲゲ」の羽子板】

画像
             【落語・大喜利の羽子板】



                  宝   屋 
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
            【正絹絞り刺繍の羽子板】
このお店は”娘 物”でも特に和服にこだわっているのが特徴です。次の2枚の写真も同様で美しい造りになっています。
画像
画像
    もちろん、娘物ばかりでなく歌舞伎絵などもラインナップされています。
画像




・・・初心者マークのページに最後までお付き合いいただきありがとうございました。
羽子板市が来ると「年の瀬がきたなァ」と思うのですが、浅草寺さん本堂脇では初詣に向けた酒樽の飾付け作業が黙々と進められていました。・・・これも季節の風物詩です。
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 浅草寺・羽子板市「高砂・音羽屋・多宝屋本店」/12月17日/2010年

    Excerpt: 浅草寺と云うロケーションはなぜ人を呼ぶのだろう・・と考えることありませんか?一つの答えがこんな具合の視覚的効果があると思うんです。江戸っぽいと云うか、東京の名所らしい絵です。そんな中で開催中の「羽子板.. Weblog: 自由人的お気楽散歩 racked: 2010-12-18 21:55