11月の「向島百花園」11月6日/2010年

画像
酉の市の下見がてら月例の向島百花園巡りへ・・TOPの写真は花水木の紅葉です。こんな景色1ヶ月前には予想できなかったのですが、今年の夏が長かっただけに秋は短いのでしょう・・・コマ送りのように早い模様替えが進んでいました。


   花の写真は次ぎのように掲載してあります。     
      上段 ・・小さな花 携帯電話との対比で大き
                       さを推測してください。
      下段 ・・花もしくは実のクローズアップ
       品種名(園内樹木ラベルから転記) 
       科名、分布、は園内樹木ラベルから転載
       生態、名前の由来、は
        ・・・下記HPから情報を記載させていただきました。
           『四季の山野草』  
          『季節の花300』  
          『植物雑学辞典』 岡山理科大学 総合情報学部
               生物地域システム学科 植物生態研究室(波田研究室) 


             
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・い た ど り               
      【学名】Reynoutria japonica  
      【科名】タデ科
      【適用】日当たりのよい山野などに生える。白い花は夏から秋
           にかけて咲く。         (出典;四季の山野草
      半透明で向こうが透けて見えそう・・と云う、不思議な花
        を咲かせています。
        花と云うよりもちょっと洒落たインテリアって雰囲気・・・?
      

画像
画像
              【品種名】・・しろばなさくらたで               
      【学名】Persicaria japonica  
      【科名】タデ科
      【適用】雌雄異株で、水辺など湿った場所に育ち、 イヌタデ
            などと比べると大きく、時には人の背丈を越えること
           もある。
           サクラタデ は薄い赤の花を咲かせるが、こちらは花の
           色が白。            (出典;四季の山野草
      【参】今月のサクラタデはこちら
画像



画像
              【品種名】・・つ わ ぶ き               
      【学名】Farfugium japonicum  
      【科名】キク科
      【適用】開花時期は10/15頃~11/末頃。葉は蕗(ふき)
           に似ている。
           名前は”つや”のある葉から、”つやぶき“それが変化
           して「つわぶき」になった。   (出典;季節の花300


画像
画像
              【品種名】・・は ま ぎ く               
      【学名】Chrysanthemum nipponicum  
      【科名】キク科
      【分布】日本原産。主に太平洋側の海岸沿いに生える。
      【適用】葉っぱが段々になっているのが特徴。その先端に
           マーガレットに似た白花を咲かせる。野生の菊の中
           では大きい方。        (出典;季節の花300


画像
              【品種名】・・ ぼ   け                
      【学名】Chaenomeles speciosa  
      【科名】ばら科
      【分布】中国原産。
      【適用】開花時期は、11/25頃~ 4/15頃。花の色は
            赤、白、ピンクなど。
            11月頃から咲き出す花は春に開花するものと区別
            するために「寒木瓜(かんぼけ)」と呼ぶことがある。
                            (出典;季節の花300
      最初の一輪・・・が咲いていました。周りの枝にも蕾の
       兆候が赤く膨らんでいましたから、遠うからず赤い花が
       彩るでしょう。


画像
              【品種名】・・ お ち ゃ                
      【学名】Camellia sinensis  
      【科名】ツバキ科
      【分布】中国原産の常緑樹。
      【適用】日本には1191年に渡来し、緑茶用に各地で栽培され
           るようになった。花は、10月の終わり頃から咲き始め
           真冬まで咲き続ける。花は直径2~3cmで、下向きに
           咲く。               (出典;植物雑学事典


画像
              【品種名】・・ざ く ろ               
      【学名】Punica granatum  
      【科名】ざくろ科
      【分布】西アジア原産。
      【適用】6月に赤色の花を咲かせる。初夏に花を咲かせる樹木
           は少なく緑の中に紅色の花が咲くことで、紅一点の諺と
           なった。
           果実は割れて中から種子を包む果肉が見えて美しい。
           食べてみると種子が大きいので見たほどの食べしろはな
           い。やや酸っぱく取り立てて食べたい程の甘さではない。
                              (出典;植物雑学事典
      田舎では少年達の格好の”おやつ”になっていました。実を
        口いっぱいに含んだ種を機関銃のように噴出して遊んでまし
        た。
        百花園の実は中身が少ないようですが、多分早朝に鳥が来
        てついばんで行ったのでしょう・・・鳥は良く知っていいて甘い
        所だけ食べてしまいますから、人間様は得てして酸っぱい物
        を食べさせられることになります。


画像
              【品種名】・・しゅうめいぎく               
      【学名】Anemone hupehensis var. japonica  
      【科名】キンポウゲ科
      【分布】中国原産の栽培植物
      【適用】紅色~白色までの色がある。キンポウゲ科の植物
           の多くは、花弁を持たない。花弁のように見えるもの
           は萼片である。八重咲きで花弁状の萼が30枚ほど
           ある赤花のものが原種らしい。
           花は咲いても種子は稔らない。地下茎で増殖する。
                            (出典;植物雑学事典


画像
画像
              (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・は な み ず き               
      【学名】Cornus florida
      【科名】みずき科
      【分布】北米大陸の東側に自生
      【適用】日本原産の ヤマボウシ の仲間。
           ハナミズキの紅葉は順光だと黒ずんだ赤だが、逆光
           見上げると、深みのある鮮やかな赤で別物のように
           見える。
           明治時代にアメリカに送った桜の話は誰もが知ってい
           るが、その返礼としてこのハナミズキが日本に来たこ
           とはあまり知られていない。 (出典;四季の山野草
画像
画像
      「はなみずき」・・・5月の開花から9月の赤く美しい実、そして
       この紅葉・・・と長い期間を楽しませてくれる花木です。
       身近な存在が故に気にしていない大切さってあります。
       艶やかで華々しい桜に較べれば、大人しげな花なので目
       立ちませんが、「はなみずき」ってそんな存在みたいです。
いわば、ある時には当たり前・・でも、失くしてみて判る存
       在感・・・ってあると思うんです。
       わたしもかくありたい・・と思うのですが(無理!)
       まだまだ、「はなみずき」には遠く及ばないですネ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック