8月の「小石川植物園」【3】/8月14日/2010年

画像
画像
3回シリーズ「8月の小石川植物園」第3回目のページへようこそ。このページでは日本に分布する花や実・13種類についてレポートします。



   花の写真は次ぎのように掲載してあります。     
      上段 ・・小さな花 携帯電話との対比で大き
                       さを推測してください。
      下段 ・・花もしくは実のクローズアップ
       品種名(園内樹木ラベルから転記) 
       科名、分布、は園内樹木ラベルから転載
       生態、名前の由来、は
        ・・・下記HPから情報を記載させていただきました。
           『四季の山野草』  
           『季節の花300』  
           『植物雑学辞典』 岡山理科大学 総合情報学部
               生物地域システム学科 植物生態研究室(波田研究室) 

             
画像
画像
          【品種名】・・ シュムシュムノコギリソウ   
      【学名】Achillea alpina L.subsp. camtschatica (Heimerl) Kitam.  
      【科名】キク科
      【分布】日本(北海道),千島,カムチャッカ
      【適用】該当情報なし
      【注】小さな花ですが各パーツの作りはしっかりしていますし
        背丈も低く地に這うように広がっています。
        想像ですが北国の烈風に耐えて生き抜くためにこのよう
        に進化したのかもしれません。
              

画像
画像
画像
             【品種名】・・タ ム ラ ソ ウ                                  【学名】Serratula coronata L. subsp. Insularis Kitamura  
      【科名】キク科
      【分布】日本(本~九),朝鮮
      【適用】湿原周辺の草地に多く生育する。8月から10月にか
           けて直径3~4cmの紫紅色の頭花を比較的多数付
           けて美しい。
                              (出典;植物雑学帳)
           アザミの仲間に酷似しているがアザミとは異なり、葉
           に棘がないので容易に見分けられる。アザミが夏の
           花ならタムラソウは秋の花。
                             (出典;四季の山野草)
      【注】ハッキリしませんが3枚目の写真は「葉」の部分を拡大し
         たものですが『葉に棘がない』ことが判ります。


画像
画像
            【品種名】・・ユ ウ ガ ギ ク                
      【学名】Kalimeris pinnatifida (Mamxim) Kitamra  
      【科名】キク科
      【分布】日本(本州)
      【適用】色は違えど ヨメナに最も似ている。若葉を揉むと
            ユズ(柚子)に似た香りがする、というのが名前の
            由来。            (出典;四季の山野草)

      
画像
              【品種名】・・ ヤブミョウガ                 
      【学名】Pollia japonica Thunb.  
      【科名】ツユクサ科
      【分布】日本(本~九),中国,台湾
      【適用】常緑広葉樹林域の谷筋や林縁などに生育する。
           8月に花茎を出して白い花を咲かせ、黒紫色の果
           実を稔らせる。
           葉の形がミョウガに似ているので、ヤブミョウガと
           なった。
                           (出典;植物雑学事典)
           花びらが6枚のように見えるが、実際の花びらは3枚
           あとの3枚はガク片。数mmの小さな花。
                           (出典;四季の山野草)


画像
画像
              【品種名】・・ハ マ ボ ウ                
      【学名】Hibiscus hamabo Sieb. et Zucc.  
      【科名】アオイ科
      【分布】日本(本~九・奄美)
      【適用】開花時期は7/20頃~8/5頃。海岸に生える。
           浜に生える” 朴の木(ほおのき)”で「はまほう」→
           「はまぼう」になった。
                          (出典;季節の花300)
      【注】「実」の検証は「季節の花300」さんHPで確認。
         花は黄色に中心部は暗赤色の美しいものだそうです。


画像
画像
            【品種名】・・オ ミ ナ エ シ               
      【学名】Patrinia scabiosifolia Fisch. Fisch.  
      【科名】オミナエシ科
      【分布】日本,東アジア
      【適用】黄色い清楚な花。山野に生える。開花時期は7/末
           ~10/10頃。
           「おみな」は「女」の意、「えし」は古語の「へし(圧)」
           で、美女を圧倒する美しと云う意味を込めて名付けけ
           られた。             (出典;季節の花300)


画像
画像
              【品種名】・・オ ト コ エ シ               
      【学名】Patrinia villosa (Thunb.) Juss.  
      【科名】オミナエシ科
      【分布】日本(北~奄),中国,朝鮮
      【適用】オミナエシに対して、強そうな感じがするというので
           オトコ(男)エシという名が付いたということだが、花
           が白い以外は違いはなさそう。
                             (出典;四季の山野草)
画像
       ≪オトコエシ側から見た力関係→完全に「上から目線」?≫
画像
       ≪オミナエシ側から見た力関係→男って小さな存在?≫
      【注】(3~4枚目の写真→)隣りの「オミナエシ」の方が背丈は
         高くオトコエシを見下ろしていました。「オトコエシも方が
         「四季の山野草」さんの説通り、茎や葉の作りが大きく
         て強そう」と云うのには疑問を感じます。
         流行り言葉風に表現すると「草食系男子」風のオトコエシ
         「肉食系女子」風のオミナエシ・・って感じでしょうか?


画像
画像
           【品種名】・・オ カ ト ラ ノ オ                
      【学名】Lysimachia clethroides Duby  
      【科名】サクラソウ科
      【分布】日本(北~九),中国,朝鮮
      【適用】野山の日当たりのよい草地に生える。6~7月頃
           根元のほうから先端に向けて花が咲き上がっていく。
           花穂は全体がやや傾く。
                            (出典;季節の花300)
           白い花が一斉に同じ方向に向いて咲く。名前は花が
           虎の尾に似ているため。海草の仲間のウミトラノオと
           区別するため、オカトラノオと呼ばれる。
                            (出典;四季の山野草)


画像
画像
            【品種名】・・ ツリガネニンジン                 
      【学名】Adenophora triphylla (Thunb.)A.D var. japonica
           (Regel)Hara  
      【科名】キキョウ科
      【分布】日本(北~九),樺太,南千島
      【適用】根が朝鮮人参、花が釣り鐘に似ているので名前が
           ついています。ツリガネニンジンの紫にも色の濃さが
           いろいろあり白に近いのも多い。
                             (出典;四季の山野草)
      【注】「ツリガネ」と云う大きな名を持っていますが、やはり北国
         に咲く花らしく小さな小さな「風鈴」のように可憐な花です。


画像
画像
            【品種名】・・ク マ ツ ヅ ラ .               
      【学名】Verbena officinalis L  
      【科名】クマツヅラ科
      【分布】日本(本~琉),アジア,ヨーロッパ,アフリカ
      【適用】路傍や荒れ地や原野などに生育する。
           花期は6~9月で、茎の上部に穂状花序を出し
           淡紅紫色の花を多数咲かせる。
                          (出典;植物雑学事典)


画像
画像
              【品種名】・・シ モ ツ ケ                
      【学名】Spiraea japonica .f.  
      【科名】バラ科
      【分布】日本(本~九),中国,朝鮮
      【適用】開花時期は6/初旬~8/上旬・・ピンクまたは白色
           の花が密生する。
           名前は下野国(栃木県)で最初に発見されたことから。
           古くからの花で平安時代にはシモツケの名はすでに
           一般的だった。
                             (出典;季節の花300)
      【注】長い間、一面を覆い尽くすほどの勢いで咲いていた花も
         上の写真が最後の名残で咲いていて、あとは実を結ぶ
         準備に移行していました。あの花の明るい喧騒さとは裏
         腹に地味~ッな彩に移行しています。


画像
画像
              【品種名】・・ミ ソ ハ ギ               
      【学名】Lythrum anceps (Koehne) Makino  
      【科名】ミソハギ科
      【分布】日本(北~九),朝鮮
      【適用】沼地や田圃の周辺など、湿った明るい場所に生育
           する。
           花弁は6枚。6月から8月のおわりにかけ、紅紫色の
           花を次々と付け花期は長い。
           全株無毛でよく似たエゾミソハギは毛があるので区
           別できる。           (出典;植物雑学事典)


画像
画像
画像
画像
画像
              【品種名】・・キ ケ マ ン                
      【学名】Corydalis heterocarpa Sieb. et Zucc. var. japonica
           (Franch.et Savat.)Ohwi  
      【科名】ケシ科
      【分布】日本(本~琉)
      【適用】湿ったところに生える。開花時期は3/下旬~4/下旬。
           花びらが互い違いになっている。
           「華鬘(けまん)」とは、仏殿の垂れ下がった造花状の飾
           りのことで、その華鬘と似ているところから名づけられた
           らしい。
                              (出典;季節の花300)
      【注】実の検証は出来ていません。花は金魚草のように咲くよ
         うで、実はほぼ花の形を踏襲してこの形になっているよう
         です。
         訪問した時点では、花が終わってタンポポ状の綿毛から
         次第に実になって行く過程を観察することが出来ました。


画像
画像
画像
              【品種名】・・ヤ マ ハ ゼ
      【学名】Rhus sylvestris Sieb. et Zucc  
      【科名】ウルシ科
      【分布】日本(本~九),中国(中南部),朝鮮,台湾
      【適用】雌雄異株なので、実を付けない木もある。実の皮
           から、和ロウソクの原料になる蝋が取れる。
                            (出典;四季の山野草)
           南方系でありよく似たヤマウルシに比べより暖地に
           多い。秋の紅葉は美しい。5月から6月にかけ、総
           状の花序をつける。果実は扁球形であり無毛で光
           沢があり冬には灰褐色となる。
           和名の由来は山に生育するハゼノキである。
                            (出典;植物雑学事典)
      【注】3枚目の写真で判るでしょうか?・・・枝がしなるほどに
         実を一杯付けています。この実の付き具合のハデハデ
         しさや豪壮さは日本由来のものでは無いみたいです。
         ロウソクの作り方が輸入された頃に一緒に渡来したの
         ではないでしょうか?


   8月の「小石川植物園」【1】のページにはコチラからアクセス
     出来ます。
   8月の「小石川植物園」【2】のページにはコチからアクセス
     出来ます。            
               

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 8月の「小石川植物園」【1】/8月14日/2010年

    Excerpt: 珍花「ショクダイオオコンニャク」の開花時には最大時1日1600人の来場があってam11:00で入場打切りとなったと云う小石川植物園もこの日はすっかり以前の静寂さを取り戻して、のォ~んびりと植物観察が出.. Weblog: 花巡り&下町巡り時々祭り racked: 2010-08-20 18:30
  • 8月の「小石川植物園」【2】/8月14日/2010年

    Excerpt: 2010年8月の小石川植物園・3回シリーズの第2回目のページへようこそ・・・このページでは北米を除く帰化植物・13種類の花や実をレポートします。今回の帰化植物については中国原産もしくは中国経由で渡来し.. Weblog: 花巡り&下町巡り時々祭り racked: 2010-08-20 18:30