8月の「目黒・自然教育園」【1】/8月8日/2010年

画像
前回訪問したのが5月でしたからそのころに比べると、木々も鬱蒼とした感じを更に増して大樹が天空を覆っていますから都心に比べると4℃~5℃くらいは体感温度が違います。考えたら今年の猛暑ですから避暑に来るつもりで・・・もっともっと来れば良かったのにと反省しきりです!

避暑にも森林浴にも利用できる「自然教育園」の鬱蒼とした森の状況はこんな具合です。せめて、PC画面から涼をお楽しみください!     
画像
画像
画像
画像
今回、盛夏の真最中でしたが20種の花や美を収めることが出来ました。多くは比較的多くの画像で掲載いたしますのでページが重くなるかもしれません。2回に分けてのレポートとなります。



    花の写真は次ぎのように掲載してあります。     
      上段 ・・小さな花 携帯電話との対比で大き
                       さを推測してください。
      下段 ・・花もしくは実のクローズアップ
       品種名(園内樹木ラベルから転記) 
       科名、分布、名前の由来等
        ・・・下記HPから情報を記載させていただきました。
        「四季の山野草」「季節の花300」「植物雑学辞典」


             
画像
画像
              【品種名】・・や ぶ ら ん               
      【学名】Liriope muscari  
      【科名】ゆり科
      【適用】名前のように藪や林の中に育つ。古くから園芸用
            として身近な植物。緑色だったヤブランの実が、秋
            には黒色に変わり、日に日に寒さが増すごとに一つ
            一つ実を落としてく。    (出典;四季の山野草)

            8月のおわり頃から10月にかけ、長い期間花を咲
            かせる。秋には黒紫色の果実が稔る。
            秋の始まりにも花を咲かせる植物はたくさんあって
            夜が涼しくなると待ちかねたように花を咲かせる。
            種子を稔らせるための期間がまだ十分にあるので
            高温の盛夏を避け、気候の温暖な秋にじっくりと花
            を咲かせ、果実を作る。  (出展;植物雑学辞典)

        【注】詳しくはありませんが、咲き始めの蕾に近い状態なの
           でしょう花開いたものが6輪~7輪点在しています。
           これから鑑賞を楽しめる花のようです。また小さい花で
           すが蜜を持っているようで蕾と同じくらいの大きさの蟻
           の姿(中央右)が見えます。
 

画像
画像
画像
              【品種名】・・やまじのほととぎす                                  【学名】Tricyrtis affinis  
      【科名】ゆり科
      【適用】草原や谷筋の樹林下などに生育する。茎の高さは
           30~60cm。花は8月上旬から9月にかけて咲く。
           花被片は水平に開き、3枚の外花被片は内花被片
           に比べて幅が広い。花被片には紫色の斑紋が点在
           し黄斑はない。
           3つに分かれた部分(柱頭)には紫色の斑紋があるが
           基部の花柱には斑紋はない。(出典;植物雑学事典)

        【注】3枚目の写真では「基部の花柱には斑紋」が見られま
          すから違うものを撮ったのかも知れません。


画像
              【品種名】・・う ば ゆ り                
      【学名】Lilium cordatum  
      【科名】ゆり科
      【適用】薄緑色をした花で異様な感じがする。花の咲く頃
           には葉が落ちてしまうので、葉(歯)が無い、というこ
           とが「姥」のイメージになったとか。たいがいは根元だ
           けには葉が残っていることが多い。
           球根も新芽も山菜として食べられる。
                            (出典;四季の山野草)


画像
画像
              【品種名】・・こばぎぼうし      
      【学名】Hosta albo-marginata  
      【科名】ゆり科
      【適用】オオバギボウシと比べ、葉が小さいのが名前の
           由来。湿原や、湿った草原に生える。
                            (出典;四季の山野草)

      【自然教育園配布パンフレットから転載】
      コバギボウシの花は、深い筒型をしています。体の大きいクマ
      バチやドロバチは花の中に入れないので、外側から花の根元
      に口を差し込んで蜜をすいます。この方法だと花粉はハチの体
      に付きません。
      蜜をとるだけで花粉を運ばない、このようなハチの蜜の吸い方
      は盗蜜(とうみつ)と呼ばれています。
             

画像
画像
              【品種名】・・しゅろそう             
      【学名】Veratum nigrum   
      【科名】ゆり科
      【適用】薄暗い林の中に育ち、地味な花の色なので目立
            つことはない。
            名前は、葉の根本の葉柄(さや状に葉を包んでい
            た柄)が腐り棕櫚に似た毛になることから
                            (出典;四季の山野草)

      【注】武蔵野の森に1株だけ植栽されています。非常に地味
         な花色ですが却ってその地味さが目をひきつけます。

   
画像
画像
              【品種名】・・の か ん ぞ う          
      【学名】Hemerocallis fulva var. longituba  
      【科名】ゆり科
      【適用】野原や川岸の少し湿ったところに咲く。6~8月頃
            オレンジ色の赤っぽい大きい一重の百合の花が咲く。
            一日花だが次々に咲く。  (出典;季節の花300)
     

画像
画像
              【品種名】・・おおばぎぼうし         
      【学名】Hosta Montana  
      【科名】ゆり科
      【適用】開花時期は、 6/10頃~ 7/20頃。
            花のつぼみが橋の欄干の上にある擬宝珠に似てい
            ることからこの名になった。
            強い日光と猛暑が苦手。日焼けしてしまうらしい。
            春、若葉をゆでてあえものにするとおいしいらしい。
                             (出典;季節の花30)

     【注】HPにも実になった状態の写真は無いので検証は出来てい
        ませんが、おそらく「おおばぎぼうし」の実であろうと思われ
        ます。
       

画像
画像
              【品種名】・・つるにがくさ                 
      【学名】Teucrium viscidum  
      【科名】しそ科
      【分布】ニガクサ とよく似、つると名が付くが、走出枝という
            枝を地中に伸ばして成長する。
                            (出典;四季の山野草)


画像
画像
画像
              【品種名】・・め は じ き 
      【学名】Leonurus japonicus  
      【科名】しそ科
      【適用】あちこち普通に見られる雑草だが益母草(やくもそう)
           という別名で漢方薬に使われる薬草でもある。
           茎を曲げても弾力があり、折れることがないので、ま
           ぶたにはさんで目を開かせて遊ぶことに使われるので
           目弾きという名前がついた。 (出典;四季の山野草)

           やや肥沃な原野や河原などにに生育する。花は7月
           から10月に咲き、紅紫色。 (出典;植物雑学事典)

      【注】非常に小さな花ですが、今が蜜の豊富な時期のようで
         蝶々がこの花の周囲を飛来して離れませんでした。
              

画像
画像
              【品種名】・・き ん み ず ひ き               
      【学名】Agrimonia pilosa  
      【科名】ばら科
      【適用】夏から秋にかけて黄色の5弁花が咲く。実は三角
            形のとげとげ状のもので、服などにひっつく
            花の形が金糸の「水引」に似ているところから命名
            された。           (出典;季節の花300)

      【注】花穂を持つものの特長なのでしょう、根元から咲き上がっ
         て行きます。開花がまだ根元のほうなので咲き始めて間
         のない花のようです。


画像
画像
              【品種名】・・だいこんそう 
      【学名】Geum japonicum  
      【科名】ばら科
      【適用】山地のやや明るい渓谷、山道のほとりなどに生育
           する。根出葉はダイコンに似ている。
           花は7月から9月にかけて咲き、高さ30cm~50cm
           の枝分かれした先端にまばらに付く。花の中心には
           多数の柱頭があって、独特の形状である。
                            (出典;植物雑学事典)

           一般的には5枚の花弁。 (出典;四季の山野草)
              

画像
画像
              【品種名】・・きつねのかみそり      
      【学名】Lycoris sanguinea  
      【科名】ひがんばな科
      【自然教育園配布のパンフレットから転載】
      林のヘリに赤褐色の花が咲いています。これはキツネノカミソリ
      の花で、ヒガンバナと同じ仲間です。葉は早春、林の木々が葉
      を開ききらない内に地上に現れ充分に光を浴びて地下の球根
      (鱗茎)に養分をためた後、春の終わりには球根だけ残して地
      上の部分は枯れてしまっています。
      この葉が白緑色で細長い平らな形をし、剃刀(かみそり)に似て
      いるので、このような名が付きました。


画像
画像
              【品種名】・・と も え そ う  
      【学名】Hypericum ascyron  
      【科名】おとぎりそう科
      【適用】草原などに生育する植物。花びらが卍形をした並
            びをしているので巴草。鮮やかな黄色は新緑が終
            わり、梅雨明けまでの花の少い時期の貴重な植物。
                           (出典;四季の山野草)

画像
画像
画像
              【品種名】・・おかとらのお   
Lysimaさくらそう科chia clethroides
野山の日当たりのよい草地に生える。6~7月頃、根元のほうから先端に向けて花が咲き上がっていく。花穂は全体がやや傾く。(出典;季節の花300)

名前は花が虎の尾に似ているため。海草の仲間のウミトラノオと区別するため、オカトラノオと呼ばれる。白い花が一斉に同じ方向に向いて咲く(出典;四季の山野草)

【注】花穂のままでは「サクラソウ」の一種とは思えませんが、アップにした写真を見ると一輪ずつの花は「なるほどサクラソウ」と納得できる姿をしています。             
      【学名】Lysimachia clethroides  
      【科名】さくらそう科
      【適用】野山の日当たりのよい草地に生える。6~7月頃
            根元のほうから先端に向けて花が咲き上がってい
            く。花穂は全体がやや傾く。
                            (出典;季節の花300)

            名前は花が虎の尾に似ているため。海草の仲間の
            ウミトラノオと区別するため、オカトラノオと呼ばれる。
            白い花が一斉に同じ方向に向いて咲く
                            (出典;四季の山野草)
        

【注】花穂のままでは「サクラソウ」の一種とは思えませんが、アップにした写真を見ると一輪ずつの花は「なるほどサクラソウ」と納得できる姿をしています。


     後編「8月の自然教育園」【2】のページにはコチラからアクセス
      出来ます。



         参考にさせていただいたHPです  
 このブログ記事は次ぎのHPを参考にさせていただきました。 
              『四季の山野草』 
             『季節の花300』 
             『植物雑学辞典』 岡山理科大学 総合情報学部
                  生物地域システム学科 植物生態研究室(波田研究室) 
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 8月の「目黒・自然教育園」【2】/8月8日/2010年

    Excerpt: 「みそはぎ」は秋近しを予兆させる花、「とんぼ」は秋の季語・・・なのですが、今年は猛暑が居座って秋ははるか先のように思えます。しかし、ここ「自然教育園」は大森林があるためか気温も外界よりは低いのでしょう.. Weblog: 花巡り&下町巡り時々祭り racked: 2010-08-14 07:30