今月の向島百花園/7月3日/2010年

画像
花ハスの季節・・昨年も何回か通い詰めた水元公園に行ってみたのですがまだまだレポートできる状態ではなく無駄骨になりました。こう云う時頼りになるのは必ず何かの話題性を提供してくれる総合植物園・・・で訪れたのが向島百花園。
向島百花園は昨年も足しげく通った植物園ですが、今年は植栽の絶対量が少ない印象を受けます。夏草ばかりが目立って初夏の花が点々とある感じ・・・昨年は一回訪問すると撮った写真が多くなって2部仕立てにしないとダメだったんですが、今回は1回で済んでしまいます。水元公園と云い都立公園に資金的な問題が何かあるんでは・・・?と不安になるのは私だけでしょうか? 杞憂であればよいのですが・・・


   花の写真は次ぎのように掲載してあります。     
      上段 ・・小さな花 携帯電話との対比で大き
                       さを推測してください。
      下段 ・・花もしくは実のクローズアップ
       品種名(園内樹木ラベルから転記) 
       科名、分布、名前の由来等
        ・・・下記HPを参考に情報を記載させていただきました。
        「四季の山野草」 「季節の花300」 


             
画像
              【品種名】・・かわらなでしこ               
      【学名】Dianthus superbus var. longicalycinus  
      【科名】なでしこ科
      【備考】大和撫子というように、昔から日本にゆかりの花。
           「愛しい子」を表す「撫し子」が名前の由来。
           (↑出典;四季の山野草)

画像
画像
              【品種名】・・すいせんのう               
      【学名】Lychnis coronaria  
      【科名】なでしこ科
      【備考】ヨーロッパ南部原産。全体に白い綿毛が密生する 
          のが特徴。夏、枝の先端のところに5弁花が咲く。
          色は赤が多く、白いのもある。
          赤い花=赤い顔、とのことで、酔っぱらった赤い顔か 
          ら連想して名づけられたらしい
          (↑出典;季節の花300)

画像
画像
              【品種名】・・にわうめ               
      【学名】Prunus japonica  
      【科名】ばら科
      【備考】古い時代に中国から渡来し、観賞用として栽培 
           された。
           サクラ と ウメ は別種と思われがちだが、同じバラ 
           科のごく近い仲間。 ニワザクラ はサクラと名は付 
           くがこのニワウメの変種。
(↑出典;四季の山野草)

画像
画像
              【品種名】・・はまなす               
      【学名】Rosa rugosa  
      【科名】ばら科
      【備考】ハマナスと呼ばれていてもバラ科の植物。花や 
          トゲのある茎や葉を見るとそれがわかります。
          中部以北の海岸に分布。
          実がナシに似るので、ハマナシ(浜梨)がなまったとい
          う説が有力(←出典;四季の山野草)

画像
画像
画像
              【品種名】・・おいらんそう            
      【学名】Phlox paniculata  
      【科名】ハナシノブ科
      【備考】北アメリカ原産で、園芸品種として入ってきたが
          花の色は赤、ピンク、赤紫、白とさまざまな色がある。
          キョウチクトウ の花に似ているため花夾竹桃の別名
          がある。(←出典;四季の山野草)
          開花時期は、6/中~10/中。花の香りが花魁(お 
          いらん)の白い粉の香りに似ているからこの名前にな 
          ったらしい。(←出典;季節の花300)

画像
              【品種名】・・からたちばな               
      【学名】Ardisia crispa  
      【科名】やぶこうじ科
      【備考】葉っぱが細長くギザギザがない。千両、万両より 
          背が低い。(←出典;四季の花300)

画像
画像
画像
              【品種名】・・ききょう               
      【学名】Platycodon grandiflorum  
      【科名】ききょう科
      【備考】開花時期は、6/10頃~8/10頃。秋の七草の 
          ひとつでもあり、家紋に取り入れられたり漢方では太
          い根を干してせきやのどの薬にする等昔から好まれた
          歴史がある。
名前の由来は漢名の「桔梗」を音読みしたもの。
          (↑出典;季節の花300)

画像
画像
              【品種名】・・くがいそう               
      【学名】Veronicastrum sibiricum  
      【科名】ごまのはぐさ科
      【備考】葉が何段にもつくことから「九蓋草」又」は「九段草」
          花の色が白のものは「オカトラノオ」と間違いやすいけ
          れど、花は小さくて、穂は長く繊細。
          (↑出典;四季の山野草)

画像
画像
              【品種名】・・くちなし               
      【学名】Gardenia jasminoides  
      【科名】あかね科
      【備考】開花時期は6/15頃~7/末頃。一重ものは早咲
          きで八重ものはやや遅咲き。
          いい香りが特徴で遠くからでも香ってくる。香りでは
          春の沈丁花、秋の金木犀に並ぶ。
          実はオレンジ色で薬用・染料になる。きんとん、たく
          あんの着色料にもなっている。
(↑出典;季節の花300)

画像
画像
              【品種名】・・ざ く ろ               
      【学名】Punica granatum  
      【科名】ざくろ科
      【備考】ペルシャ北方の安石国から伝わり、平安朝に日本
          に入ってきた。
          実が瘤(こぶ)に似ているから安石瘤、又は単に石瘤。
          石榴の音読みで古くはジャクロと読んだのがザクロに
なった。(←出典;四季の山野草)

画像
画像
画像
              【品種名】・・しろみのこむらさき
               【学名】Callicarpa dichotoma var. albifructus  
      【科名】くまつづら科
      【備考】秋になる白い実が美しい。「小紫」の品種の内
           実が白いものを「白実の小紫」と呼ぶ。
           (↑出典;季節の花300)

画像
画像
              【品種名】・・ぬまとらのお               
      【学名】Lysimachia pilophora  
      【科名】サクラソウ科
      【備考】湿地に育つ。ヌマトラノオの雑種がイヌヌマトラノオ
          (犬沼虎尾)で、ヌマトラノオと違い穂が垂れ下がる
          (↑出典;四季の山野草)
      (参)向島百花園の表記はヌマトラノオとなっていますが
         花の形状からすると正しくはイヌヌマトラノオのようです。     

画像
画像
              【品種名】・・のうぜんかずら               
      【学名】Campsis grandiflora  
      【科名】ノウゼンカズラ科
      【備考】中国原産。古くから薬として使われていた。日本
           には平安時代の9世紀頃に渡来。
           オレンジ色の派手な花。つるでどんどん伸びていく。
           「凌霄花」は漢名からで、「凌」は”しのぐ”、「霄」は
           ”そら”の意味で、 つるが木にまといつき天空を凌ぐほ
           ど高く登るところからこの名がついた。
           茎、花が甘いらしく、よく蟻(あり)がうろうろしている。
           (↑出典;季節の花300)

画像
画像
画像
              【品種名】・・はんげしょう               
      【学名】Saururus chinensis  
      【科名】ドクダミ科
      【備考】水辺や湿地に生えるの野生植物で群生も見られる。
          1ヶ月もすると白い部分は緑に戻る。
          中国暦の七十二候では夏至から11日目、7月2日頃
          より5日間を半夏生と呼ぶ。この頃花を付けるのが由
          来という説と、花に近い葉が白くなるので半化粧とい
          う説がある。(←出典;四季の山野草)

画像
画像
              【品種名】・・ふいりぎぼうし               
      【学名】Saururus chinensis  
      【科名】ユリ科
      【備考】オオバギボウシ の園芸品種で葉に白い斑が入る
       (↑出典;四季の山野草)


画像
              【品種名】・・下町で見たエコな家               


         参考にさせていただいたHPです  
 このブログ記事は次ぎのHPを参考にさせていただきました。 
              『四季の山野草』 
             『季節の花300』 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック