"花巡り”「5月の向島百花園」 2010年/ (1/2)

画像
去年の7月にブログデビューをして以来毎月通っている向島百花園、当初は歴史はあるとは言え所詮は墨東の片隅にあるひなびた公園”「暇つぶし程度には使っても良いか!”・・くらいの感触でしかありませんでした。・・・が最近の運営はユーザー志向に改善されてすばらしく良くなっています。、
画像
 これは昨年時点の園内案内板です・・・が、公園関係者の方なら判ってもアマチュアには雲をつかむようなもので正直無用の長物で使ったことはありませんでした。
 
画像
 新しい案内板は装いを一新しました。ビジュアル化されて今何が、何処に、どんな具合で咲いているか・・・が判る仕組みに改善されています。
 
画像
画像
画像
 「見頃情報」で花の開花状況を確認して ⇒「園内番地」でお目当ての花が何処に咲くのか確認出来ます。

画像
 行った日には現役の生物学者さんによる園内の学習ツアーが開催されていました。11:00からと14:00からの2回で1時間のツアーです。実際には20分くらい超過するほど熱の入った説明をしていただけました。事前に調べて置くと植物観察が充実したものになります。

公園の運営の良さに触発されて、今回撮影した花々はどれも美しく可憐に撮れているとます。流れに竿を指せば流される・・・とは言いますが「公園の運営の良さに竿を指してしまった」ようでどれも捨てがたく愛着を感じますので全部をラインナップすることにします。当然、圧縮比率の少ない写真も多くなってしまったため(1/2)と(2/2)の2部構成でレポートさせてもらいます。(注;巻末には相互に行き来できるようリンクを張ってあります)


   花の写真は次ぎのように掲載してあります。     
      上段 ・・小さな花 携帯電話との対比で大き
                       さを推測してください。
      下段 ・・花もしくは実のクローズアップ
       品種名(園内樹木ラベルから転記) 
       科名、分布、名前の由来等
        ・・・下記HPから検証させていただきました。
    「四季の山野草」 「季節の花300」 「植物雑学辞典」


             
画像
              【品種名】・・ア ヤ メ               
      【学名】Iris sanguinea  
      【科名】アヤメ科
      【生態】乾いた土に生える。
           4月下旬~5月中旬頃に咲く。花色は青紫か白。
      その他アヤメ科の見分け方
        【一 初】乾いた土に生える。4月下旬~5月中旬頃に咲く
            花色は主に青紫色。
        【黄菖蒲】湿地に生える。5月上・中旬頃に咲く。花色は黄色。
        【杜 若】水の中から生える。5月中旬頃に咲く。
            花色は青か青紫(白いのもある)
        【花菖蒲】湿地に生える。6月頃に咲く。
                            (出典;季節の花300)
  

画像
画像
              【品種名】・・キショウブ               
      【学名】Iris pseudacorus  
      【科名】アヤメ科
      【生態】池之端や用水路、河川などに生育する帰化植物。
           観賞用として持ち込まれたものが日本各地に野化。
      【分布】ヨーロッパから西アジア原産
                            (出典;植物雑学辞典)


画像
               (クリックすると画像が拡大します。
画像
        【品種名】・・ニワゼキショウ               
      【学名】Sisyrinchium atlanticum  
      【科名】アヤメ科
      【生態】北アメリカ原産の帰化植物。5mm前後の白か
           紅紫のきれいな小さい花を咲かせる。
      【名前】庭石菖は葉が石菖(せきしょう)というサトイモ科の
           植物に似ていていることから
                             (出典;季節の花300)

      道路端に咲いていたら目に入らない位に小さな花ですが
        拡大してみると昆虫に蜜の在り処を教えるリングはむし
        ろ大きい花よりよりも鮮烈になっています。
        小さいながらも生命力の豊かさを感じる姿です。


画像
              【品種名】・・アイヅシモツケ               
      【学名】Spiraea chamaedryfolia  
      【科名】バラ科
      【生態】山野に生育する落葉低木
      【名前】会津で発見されたシモツケ の仲間であることから
                            (出典;四季の山野草)


画像
画像
画像
              【品種名】・・ハマナス              
      【学名】Rosa rugosa  
      【科名】バラ科
      【生態】砂浜海岸に生育する落葉低木。初夏,直径6~7cm
           で紅紫色の花を咲かせ秋にトマトのような実を付ける。
      【分布】北海道から、太平洋岸では茨城まで、日本海側は
           島根県に分布する。 (出典;物雑学辞典)
 
      ブログを始めたのが夏でしたから、ハマナスの花を目に
       するのは初めてです。イバラだらけの中に赤い実を抱え
       たトゲトゲしさの印象が強かったのですが花はおっとり
       してたおやかな感じで・・・意外でした。
       蕾の姿を見ると「やっぱりバラ科」と納得する姿です。
       
                                   

画像
画像
               (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・ケキツネノボタン               
      【学名】Ranunculus cantoniensis  
      【科名】キンポウゲ科
      【生態】湿った道ばたや野原などに生息し、春に黄色い
           五弁の花をつける。 (出典;四季の花300) 

      この花も見過ごしてしまうくらいに小さな姿をしています。
       よくよく見ると立体感のある凝った造形で見事です。
       中央のゼリーのようなのが「雌しべ」、周囲に円形状に
       展開しているのが「雄しべ」です。
       洋菓子店のショーケースに並ぶゼリーのように美しい花
       です。
                         


画像
画像
画像
               (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・セリバヒエンソウ               
      【学名】Delphinium anthriscifolium  
      【科名】キンポウゲ科
      【適用】明治時代に入ってきた中国原産の帰化植物。
      【名前】芹葉飛燕草の由来・・葉が セリの葉に、花がツバメ
           の姿に似ていることから (出典;四季の山野草)                          
 
画像
「セリバヒエンソウ」の前で綿密にスケッチをする男性から自作のスケッチ帖を見せてもらうことが出来ました・・驚くほど詳細で正確な仕上がりで、まるで南方熊楠の植物図鑑に載るような仕上がりで、且つ作品としても美しいのです。お話を伺うと「素人だけど書いていたらここの売店で置いてくれることになった」んだそうです。そこで早速、売店へ・・・
画像
               (クリックすると画像が拡大します。
画像
「花ハガキ」と言うタイトルで1枚¥100で販売中でしたが、人気の絵は何点か売り切れ状態になっていました。素人・・・とは程遠いキャリアの方のようでした。繊細な「セリバヒエンソウ」がどんなスケッチとして仕上がるのでしょうか?興味がわきます。

画像
画像
               (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・センダイハギ               
      【学名】Thermopsis lupinoides  
      【科名】マメ科
      【生態】海岸近くに生育する。「萩」は秋に咲くのに対し
           センダイハギは5月頃に黄色い花を咲かせる
      【名前】千代萩もしくは先代萩の由来・・仙台藩の伊達騒動
          を題材にした歌舞伎「伽羅先代萩(めいぼくせんだいは
          ぎ)」が由来。 (出典;四季の花300)                            

         
画像
画像
               (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・ムラサキセンダイハギ               
      【学名】Baptisia australis  
      【科名】マメ科
       【生態】センダイハギと同じように5月頃に鮮烈な紫色の
              花を咲かせる。
      【分布】北アメリカ原産。  (出典;四季の花300)
                            


画像
画像
              【品種名】・・ハコネウツギ               
      【学名】Weigela coraeensis  
      【科名】スイカズラ科
      【分布】海岸近くに生える。伊豆半島や三浦半島、富士山
          には自生するが、箱根には自生しないらしい。
                             (出典;四季の山野草)



画像
画像
              【品種名】・・ヤブデマリ               
      【学名】Viburnum plicatum var. tomentosum  
      【科名】スイカズラ科
      【生態】大小合わせ5枚(スイカズラの特徴)の白い花を
          つける               (出展;季節の花300)
              



画像
               (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・ヒトリシズカ               
      【学名】Chloranthus japonicus  
      【科名】センリョウ科
      【生態】花びらもガクもなく、花のように見えるのは雄しべ
           ・・という変わった花     (出典;四季の山野草)
                       


画像
画像
               (クリックすると画像が拡大します。
              【品種名】・・フタリシズカ               
      【学名】Chloranthus serratus  
      【科名】センリョウ科
      【生態】花穂の先に米粒のような白い花をつける。花穂は
          1本や3本のときもある
      【名前】静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの
                             (出典;季節の花300)
                             


      後編「5月の向島百花園」 (2/2) 」へのリンクはコチラから
       お願いします。



         参考にさせていただいたHPです  
 このブログ記事は次ぎのHPを参考にさせていただきました。 
              『四季の山野草』 
             『季節の花300』 
             『植物雑学辞典』 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • "花巡り”「5月の向島百花園」2010年/(2/2)

    Excerpt: 「5月の向島百花園」後編のぺーじへようこそ!!このページのTOPは絶滅危惧種の花「ムラサキ」です。向島百花園は幅j広い観覧者が訪れることの多い公園です。スカイツリーの建設が進むにしたがって来園者も増え.. Weblog: 花巡り&下町巡り時々祭り racked: 2010-05-12 23:05