”パン批評”丸の内「エシレ・メゾン デュ ブール」・クロワッサン?

画像
画像

9月3日に丸の内パークビルディングのブリックスクエア1Fにオープンしたエシレバターを使ったヴィエノワズリーのショップです。”エシレバターはA.O.C.(原産地呼称統制)の認定を受けた最高級といわれるバター・・・ウンヌン”につぃては雑誌やHPで事細かに流されていますから・・・ここでは省きましょう。

                エシレ・メゾン デュ ブール       
画像
      【クロワッサン・エシレ ブール ドゥミ・セル(有塩)】¥400
画像
      【クロワッサン・エシレ ブール ドゥー(無塩)】¥400
      ◆つり小屋おやじの視点;
          これは、クロワッサンという名称にはなっていますが
          パンのジャンルとしてとらえる物ではないようです。
          粉とバターの比率は2:1なので一般の製品と変わ
          りませんがバターの100%もしくは50%がエシレ
          バターですし、生地の芯に10gのバタースティックを
          巻き込んでいるわけですからパンというよりも「焼き
          菓子」系の新しいカテゴリーとして見るべきでしょう。
          例えは下世話になりますが冷凍のキハダマグロと
          生の本マグロを天秤にかけるするようなものですか
          ら無理な話です。
          ・・・ところで、お味ですが温めるとバターがほろっと
          感じられて新しい味覚であることは理解できました。
          あと、有塩は生地にも塩味があるので随分ショッパ
          イなぁ・・と言う感覚が強かったですネ
          この値段で納得するかは個人差があって問題でしょ
          うが・・私なら2度目は「Non]でしょうネ。
          むしろ、フィナンシェとかマンドレーヌの方がバター感
          を堪能出来たたので、次は焼き菓子狙いで行きたい
          です。
          バターには活かし方があると思います。無理に無理
          を重ねてしてクロワッサンにするよりも、素直な使い
          方で焼き菓子に生かした方がBestではないですか?
        
          
 
画像
      【エクレール・ショコラ】¥368
      ◆つり小屋おやじの視点;
         チョコクリームがビターで大人のための菓子です。
         相応に美味しいですが、それ以上ではありません
         でした。

 
画像
      【シュー・パリジャン】¥368
      ◆つり小屋おやじの視点;
         カスタードクリームが日本の製品のように軽くサラッ
         としたものではなく、リキュールを効かせて、さらに
         粘感出したドンッと存在感を持つクリームで個性の
         強いものです。
         美味しいです・・が、やや重くって出来ればバニラの
         風味がもう少しほしいところです

つり小屋おやじの総括クロワッサンは別のジャンルとして、シュークリームについて言えば、ビゴさんが直接作るのならと言う前提であれば・・ビゴの神戸本店のシュークリームの方が好きです。「美味し~い」と思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック