”秋バラ巡り”隠れた名園「葛西総合レクリエーション公園」

画像
「葛西総合レクリエーション公園」フラワーガーデンnoバラと噴水のShotです。ここは江戸川区営で誰でも自由に利用出来る公園です。沈床(ちんしょう)式のバラ園があって質の高いバラを立体的に見られるよう植栽が施された高品質な施設でした。今日は、どのような施設なのか?どのような楽しみ方、感じ方が出来るのだろうか?・・・と言う点にフォーカスしてレポートします。


            巧みで奥行きのある演出 
画像
 正面入口にある「展望デッキ」から見たバラ園の全貌です。水と緑との調和がコンセプトの沈床式のバランスの良い庭園です。

画像
 奥のレンガ造りの部分が「展望デッキ」で床面で地上3m位にありますのでデッキ上からは開放的な眺望が得られます。
     
画像
 園内のシンボル的施設として2つの噴水がセンターライン上に配置さてていてその間をメイン散策路が結んでいます。来場者は噴水のかもす水の音をヒーリングミュージックのように聞きながらリラックスして奥へと歩を進めることが出来ます。水の音響効果を巧みに使っている施設です。
 
画像
 水音が導く先にはワンステップ高くなった「展望ステージ」があって、自分の足跡を辿ることができ「あッこのアングルは違う絵になるだ!」・・みたいな新しい発見をする場になっています。

画像
 
画像
 バラと噴水との組合せで色々な構図を楽しむ事が出来ます。バラの種類、噴水の強弱、太陽の角度・・などなど、ついついこのポイントで時間を費やすことになります。(巧み!)

画像
 沈床式の中にはメインの散策路以外にもフラットの揺らぎ理論だと思うのですが変化に富んだ小さな散策路が巡らされていて景観にまた一つ多様性を持たせるレイアウトになっていて飽きさせません。
バラの植栽面積は歩測で9m×20mが2ヶ所、9m×25mが2ヶ所ですから、代々木公園のバラ園の約2倍くらいですからコンパクトな部類だと思います。でも、上のような仕掛けが凝らされているので実寸以上の広がりを感じるようです。(超巧み!) 写真は西側外周からの散策路からの景観です。

画像
画像
 東側には正面にある「展望デッキ」と同じ高さの回廊が巡らされています。今楽しんできたバラ園を俯瞰図的に見ながらの散策ルートになっていて、更に重層的な楽しみを発見できます。(巧み!)


               徒歩アクセス・ルート 
画像
 ①葛西臨海公園から線路沿いに東進 ②貸し自転車場を左折して高架をくぐると右側にあります。 ③上り切ったら左折してあとは一直線でおよそ20分です。

画像
 この看板のビルが見えたら、残り10分くらいです。 

画像
 この看板のスーパーが右手に見える交差点を真っ直ぐ渡ります。残りは3分くらいです。

画像
 交差点を渡ってしばらくすると公園の標識が右手に現れます。25分のウーキングお疲れ様でした・・到着です。
     

・・・初心者マークのページに最後までお付き合いいただきありがとうございました。
正直を言いますと「江戸川区営・・? どうせお役所仕事の雑然とした物だろう・・ま、外れるだろうケド行ってみるか! ダメなら臨海公園で口直しをすれば帳尻は合うだろうから」・・・位に考えていました。何せただですからネ、今までの経験則はそう判断するわけです。イヤイヤ、世の中には色々想定外の事があると言うことを知りました。昨日は一部は外しましたが、今日はドラフトで菊池勇星君を引き当てたくらいラッキーでした。
施設の設計やからくりだけでなくバラそのものもかなりの高品位物でした。剪定も開花時期調整を狙ってベストタイミングで実施しているのでしょう。今はまだ充分に見頃・・・です。どれくらいかはご自分の足で歩いて、ご自分の目で見てください。

 「葛西総合レクリエーション公園」情報はこちらからアクセスしてご確認下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック