浅草サンバカーニバル見て歩る記(2)

画像
この写真はダンスチームのリーダーが出番前に指導をして確認しているところです。
楽屋出から待機の経過を追っていて気が付いた事があります。各作業チーム毎にメインとサブのリーダーがいてチームをまとめているんです。ダンスチーム、楽団、ボーカル、山車、音響、配置を指示し誘導する人、チームの移動した後のゴミを拾ってゆく人、GOAL後にミネラルウオーターをもれなく配る人・・・それぞれがチーム編成で作業を分担して、結果として『ダンサー』がスポットライトを浴びるように演出しているんです。
サンバは幾つもの小集団が共同するプロジェクトチーム(しかも主に若い年代の人による見事なアウトプットです)だった・・と言うことを確認しました。

                   機器準備 
画像
画像
画像
画像
力仕事の裏方作業の方です。浅草寺の裏にある駐車場が出番待ちの待機場所になっています。山車の飾りはビジュアル優先なのでパレード中に落ちたりしないように、山車に乗ったダンサーの安全が確保できるように・・・最後までギリギリの調整をしていました。

                機器調整と補修 
画像
画像
画像
画像
衣装の補修、、山車に乗り込むダンサーの安全を確保する人、備品の補修、音響機器の調整・・・スタート直前まで人目につかない努力が続きます。

               楽団とバックダンサー 
画像
画像
画像
画像
この部分はその他大勢としてしか注目を集めません。個々の人達の存在は出さずにダンサーの背景として引き立て役に徹していました。
この中では特に感動したのはボーカリストです、テープではなく生歌で通します。33℃の炎天下パレードの約30分をあのハイテンションであのボリュ-ムのある声で押し通すのは並大抵ではありません。全てはダンサーが注目を集めること、チームのテンションを高めるため・・・ですネ。

                   カメラマン 
画像
画像
各チームには専属のカメラマンがいて、スタート前にアチコチで写真を撮って雰囲気の盛り上げ役を担っていました。スタート前ではまだ”日常感覚”ですが”カメラを向けられることで「見られている、今私はスター!」という感覚”非日常”へと気分を、モチベーションを上げて行くのだと思います。

                   社会性 
画像
画像
画像
最後のパレードがスタートすると”間髪を入れず”のタイミングで清掃車が入ります。パレード最後尾との距離15m・・・華やいだパレードの至近距離で社会性を示す努力が実行されていました。サンバチーム自分のチームが移動した後のゴミを拾って行く担当者がいてクリーンアップをそれぞれ行っていました。見掛けの華やかさとは裏腹の堅実な社会責任を自助努力で果たす・・・こういうことの積み重ねがこの祭りを名物にさせたのでしょう。


              サンバカーニバル余話
画像
 炎暑の中熱中症で倒れる方も続出、救急隊員がパレードはそっちのけで救助に専念していました。 
画像
帰りは浅草駅が大混雑なので隅田川を越えて押上駅に向かいました。

地元の人の反応は? ・・・微妙ですネ。13時前~18時過ぎまでパレードの沿道沿いは見物客に占拠されてますから、商店は開店休業状態です。イタリアンのシェフがイラついた表情でパレードが終わるのを待っていたのが印象的でしたし、l六区も同様で落語小屋もフランス座もお客が来ないようで呼び込みに必死でしたが虚しく声が響くだけでした。1年に1回なので諦めているんでしょう・・それに負けないくらいの芝居や話芸を出して競り合って行ってこそ意味があると思います。
浅草っていう集客力に甘えて努力しない”エセ的プロも多いですから、プロはプロとして頑張ってもらいたい・・・プロを刺激してスキルアップの動機付けにするという意味からもこのサンバカーニバルは有効だろう・・思いつつ言問橋を渡っていると言問橋を渡っていると、隅田の川風に乗ってサンバのリズムが聞こえてきます。「はて?」・・と川を見ると船上でサンバカーニバル・・・ですが、”何か寂しい感”が漂います。やはりカーニバルは雑踏であっても、オヤジ共と隣り合ってでも地を鳴らす音響とダンサーや楽団のモチベーションとの空気管を共有するのが一番だと実感しました。


Vividでスパイシーなブログ紹介 
 つり小屋おやじのブログは「ポワ~ん」としていて物足りなさが残ると思いますので、私の知人のブログを紹介します。音楽雑誌のライターでフュージョンのギタリスト&バンマスが作るブログなのでこだわり満載のブログです。Vividで、カチ~ンとした内容で見ごたえがありますヨ。リンクはコチラです。JEFF BECK マニアのための「JEFF BECK COPY BAND “WIRED”」
         「JEFF BECK COPY BAND “WIRED”」バンマスのプロフィール
            音楽ライター/評論家
            月刊誌ADLIB、Guitar Magazine、DiGiRECO
              レコード・コレクターズなどへの執筆
            航空機機内プログラムの作成
            CD、DVDなどのライナー・ノーツ執筆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック