つり小屋おやじ的きまぐれ散歩

アクセスカウンタ

zoom RSS 「根津美術館庭園」カキツバタの彩り鮮やか!・・・2015年5月3日

<<   作成日時 : 2015/05/03 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今年もカキツバタの群青色を楽しめる季節になりました。この何年かは、丹精込めた「根津美術館」の庭園が気に入って通い詰めています。
画像
すり鉢状に造園された庭園を降りて行くと行き着くのがお茶室の「閑中庵・牛部屋」です。最初にカキツバタを真近にする場所です。お茶室の格子が結界を示すように群青色の世景色を映しているように視界に入って来ます。こころ新たに歩を進めましょう。
画像
「閑中庵・牛部屋」からカキツバタ池の真西にある「弘仁亭・無事庵」(茶室)に向かう途中には遅咲きの「ツツジ」が群青色とのコントラストとなって彩っています。
画像
「弘仁亭・無事庵」からの視界が最も広く定番のスポットになっています。
画像
当然、人が先ずはこのスポットを目指しますから、時折こんな状況になることも・・しばしば。
画像
画像
池周辺がそうなのですが、この時期は一斉に木々の新芽が伸びる節目ですから、若々しい色の若葉を見ることが出来ます。


画像
池を一周してみましょう。「閑中庵・牛部屋」の南側を回り込んだ辺りからの群青色の世界はこんな具合です。


画像
「閑中庵・牛部屋」を後にして東側の岸辺に向かう石橋からの風景です。水面に映る新緑が美しいポイントです。
画像
この近くで苔むした石塔に寄沿うようにして咲くツツジが可憐に、静やかな佇まいが・・・印象的でした。


画像
池から一段高い所にある「被錦斎・一樹庵」からの群青色の世界を望む風景です。カキツバタ池周辺はフラットですが、ここだけは俯瞰できるスポットになっています。
画像
画像
画像
岸辺に降りると対岸よりは彩に富んだ若葉を楽しめるように植込みがレイアウトされているようです。


画像
カエデの林を抜けるようにして池の南端に立つとこんな風景を目にすることが出来ます。


画像
画像
所で老婆心ですが、根津美術館では5月17日まで「尾形光琳300年忌記念特別展・燕子花と紅白梅」が開催されていて開館前からこの長蛇の列です。この連休中はずっとこんな感じでしょうから、心してお出掛けになるのがよろしいかと思います。もしくは前売り券をGETして置けば万全す。
画像
加えて園内は「飲食禁止」ですから、唯一の飲食施設「NEZU・CAFE」も長蛇の列になります。早めの食事を済ませて置くか、早々に退出して表参道駅周辺で食事を摂るかにした方が無難だと思います。


 『明治神宮御苑』から『根津美術館庭園』へ異次元トリップ/2016年6月10日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『明治神宮御苑』から『根津美術館庭園』へ異次元トリップ/2016年6月10日
明治神宮御苑内の花菖蒲が見ごろを迎えていました。今年は開花が早いようです。「菖蒲田」に掛かる竹橋が下界との分岐点・・・のようです。多くの人がここに佇む場所ですし、その表情が和らいで行くのがこの場所です。こちらは竹橋の向かい側で絵を描く人・・・花を見る人、写真に収める人、そして絵として記録する人・・・”自分の世界”に浸る方法は人さまざま・・・でも、幸せ感は共通です。 ...続きを見る
自遊人的きまぐれ散歩
2015/05/03 21:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「根津美術館庭園」カキツバタの彩り鮮やか!・・・2015年5月3日 つり小屋おやじ的きまぐれ散歩/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる